【WordPress】無料テーマのBizVektorを使ってみた-表示カスタマイズ2

Total 5,206 views
この記事の所要時間は約 6分です。

BizVektor テーマ表示カスタマイズ、その2です。

スポンサーリンク


 

追記 -2014.3.22-

BizVektor についてはこれまで度々カスタマイズの記事を書いてきましたが、バージョンアップの間隔が短く変更内容も一気にガラっと変わることも多いため、とうとうカスタマイズが追いつかなくなりました。
テーマが複雑でカスタマイズが難しいというのもあります。

よって BizVektor を使ってのサイト構築記事はちょっとお休みすることにしました。

ここは参考記事として残しておきますが、内容は古いバージョンについてのものです。ご了承ください。

 

イメージ画像

 

header.php

このテーマはトップページならブログ名が H1になり
ブログ記事なら記事タイトルが H1になるよう設定されています。

このあたりはいいですね。

それ以外にも、テーマの段階で Facebook とのスムーズな連携があったり、標準でパンくずリストが装備されていたり、スマートフォン対応になっていたりと、昨今の有料テーマが兼ね備えるところを標準で装備しています。

 

title

title の部分はデフォルトだと「記事タイトル | カテゴリー | ブログ名」となっていてちょっと複雑です。なのでここを変更してみます。

記事タイトルだけにするかブログ名まで含めるかは意見の分かれるところでしょうが
今回は「記事タイトル | ブログ名」とシンプルにしてみます。

この変更箇所を見つけるのにちょっと苦労しました。

変更ファイルは、親テーマ内 inc フォルダ内にある
theme-options.php の『title 生成』138行目にあります。

以下がオリジナルです。

ここからカテゴリー名を外します。

このフォルダごと子テーマにコピーし同ファイルを上書きしたのですがなぜか反映されませんでした。

これはワードプレスの仕様なのか私の知識不足なのか全く見当がつかないため仕方なく本体ファイルを直接上書きしてあります。

noindex,follow

トップページとブログ記事のみ検索エンジンにインデックスさせるための記述を
このテーマにも埋め込んでみます。

header.php に以下を加筆します。

しかしこのままだとトップページも入ってしまうので
ID を指定した固定ページのみこの命令を実行してネという風に変えてみます。

array 配列を使って以下のようにしました。
(下記 ID 番号は私の環境なのでその都度異なります)

上記 ID に該当する固定ページはAbout、お問合せ、お知らせ、サイトマップ、ブログです。

 

「新着ブログ記事」って?

トップページ下部に「ブログ」とは別に「新着ブログ記事」というのがあります。

実はコレ、外部ブログの更新を表示させるとっても便利な機能なんですが
ブログ更新情報が 2つあるようでちょっとわかりにくい感じがします。

キャプチャ画像

 

そこでこのテキスト自体を、例えば
「(リンクしている外部ブログ)の更新情報」といった具合に変更してみます。

変更ファイルはさきほどと同じく inc フォルダ内にある theme-options.phpの 478行目にある<h2>新着ブログ記事</h2>なので、この部分を適当なテキストに変えてあげましょう。

 

ウィジェット追加によるダブル表示の解消

このテーマにはウィジェットが組み込まれています。

ドラッグ&ドロップで自由にサイドバーに入れ替えができるので
ウィジェット機能は便利ですね。

しかしページによっては
標準のサイドバー機能とウィジェットで組み込んだ同名の機能が同居してしまう場合がありえるんです。

 

下図はブログ記事ページですが
ウィジットで組み込んだ「カテゴリー」がダブって表示されてます。

キャプチャ画像

 

そうかといってウィジットの「カテゴリー」を外すと
他のページで表示されなくなってしまうので都合が悪いですネ。

このダブりの元となってるコマンドは以下のものです。

そこで上記コマンドをコメント扱いにして非表示にしてしまうか
いっそ削除してしまいましょう。

私が変更したのは
single.php、archive.php、category.php、page-blog.php、tag.php
いずれも子テーマにコピーして操作します。

この辺は実際に表示をみて適宜対応してください。

 

カテゴリーの数を表示させると数字が改行されてしまう

ウィジット機能のカテゴリーを開くと「投稿数を表示」というチェックがあります。

キャプチャ画像

 

これにチェックを入れると数が表示されるのですが
アーカイブの方は問題ないのになぜかカテゴリーの方だけ数字が改行されてしまいます。

これを修正します。

キャプチャ画像

 

修正するには以下を functions.php に記載します。

結果、下図のようになります。

キャプチャ画像

 

RSS が目だたないしうまく機能しない

RSS 登録用のバナーが小さいです。
それにここ以外に目立ったバナーもないようです。

キャプチャ画像

 

なので専用のバナーを自分で作ってみます。

下図の Facebookと Twitterのバナーは登録すると自動で表示されるので
その下に入れてみましょう。

キャプチャ画像

 

RSS バナーの実装箇所ですが
inc フォルダ内 theme-options.php の 371行目にある <li><a href="https://twitter.com/#!/……の行と 372行目の <?php } との間に差し込みます。

結果、こんな風に表示され RSS配信がわかりやすくなりました。

キャプチャ画像

 

サイトマップ

デフォルトのサイトマップがちょっと使いづらいというかわかりにくいので
プラグインを利用して差し替えます。

今回は PS Auto Sitemap というプラグインを使ってみました。

もしも、設定ガイドに従って「サイトマップ」という固定ページを作っていた場合は
『ページ属性』→『テンプレート』のプルダウンメニューの『サイトマップ』を
『デフォルトテンプレート』に戻しておきます。

注意点として
サイトマップのスラッグは「sitemap」以外にしておく方がいろいろと都合がいいようです。
(※「sitemap」にしてしまうとサイトマップ用プラグインとコンフリクトを起こす場合もあるようです)

 

まあ、こんなところでしょうか。
あといくつかバグを見つけたので書いておきます。

module_adminHeader.php(81行目)の
……ページ一覧</a>

上記を、
……ページ一覧</a></li> に変更。

single.php&single-info.php(11行目)
……</h1>

上記を、
……</span></h1> に変更。

以上です。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加してます。よろしければポチッとな。

お気軽にフォロー↓してください。

ブログ更新情報はこちらからどうぞ。

follow us in feedly

1件のトラックバック

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)