たった 1回の「適当な仕事」がそれまでの信頼をすべて無に帰す

Total 277 views
この記事の所要時間は約 2分です。

それまで何の問題もなく信頼・信用していた店がたった 1回の「気を抜いた仕事」をしでかしてしまったためにその日以降すっかりあなたの頭の中から忘れ去ってしまった経験はないでしょうか。

先日私は、
とあるデリバリー寿司を 1軒、メニューリストから外しました。

スポンサーリンク


 

口伝いに伝わるスピードは不評ほど速い

久しぶりにデリバリーの寿司を 1万円分注文した時のことです。

そのデリバリー寿司はいわゆる機械握りではなく手握り(とのうたい文句)の出前寿司で、
味もよかったのでいつも頼んでいたところでした。

しかしその日届いた寿司はいつもとちょっと違ってたんです。

 

見た目はいつもと一緒。
子供たちはおいしいおいしいと言って次々に高級ネタに食いつきます。

しかし大人は揃って顔を見合わせ、
今日の寿司、ちょっと生臭くねぇ?
ちょっと、ねぇ

ほんのちょっとですが、生臭かったんです。
下処理が甘かったんでしょう、きっと。

いつもにましてその日は忙しかったようです。
電話注文の際にすでに普段よりも 1時間余計にかかる旨を聞いてたくらいですから。

忙しさにかまけて
「この程度ならいいや、握っちまえ」ということだったのか
あるいは店主もあずかり知らぬ何か予期せぬ原因で生臭い寿司を握ってしまったのかは定かではありません。

店側にしたら何百件のうちの 1軒かもしれませんが
注文する側にしてみればその 1軒にあたったからといって「運が悪かったぁ」では済まされません。

少なくとも私は。

 

 

まだだいぶ寿司は残っていたんですが念には念を入れ
ブーたれる子供たちに無理やりストップをかけました。

こんなことで病院送りはたまりませんから。

そして二度とその店に寿司を注文することはなくなりました。

区切り画像

たった一度の”適当な仕事”が 1組の客を失ったんです。
そして私がもしその店の評判を人づてに伝えたなら……
評判はどんどん下がっていくでしょう。

ウェブで情報を発信している私としてはその危険性は寿司屋どころではないわけで
これを他山の石としなければなりません。

特にお金をもらうネットビジネス上のことであれば
なおさらだと感じた一日でした。

他山の石:他人の誤ちを自分への戒めとして役立てること。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加してます。よろしければポチッとな。

お気軽にフォロー↓してください。

ブログ更新情報はこちらからどうぞ。

follow us in feedly

2件のコメント

  • 適当男

    みんな適当にやってないの?
    なんで?そう聞きたくなる。
    責任感?いや、それは会社からの脅しで動いているんじゃないですか?
    やらないといらないよ。
    それが会社だからね。確かに傷つけたくない人とかはいるけどいくら
    期待にこたえたとしてもいつかは失敗するよ。
    昔は奴隷制度、今は経済制度で縛り付けてきてるんだからそこらへんは
    適当にいきましょうよ。

    • webtrace

      コメントありがとうございます。
      まぁ全部が全部こんな調子で生きてるわけでもなく適当部分ももちろんありますよ。
      でないと気が詰まって窒息死しかねませんから ^^;

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)