loading
 読み込み中...
ウェブの触手-日々の生活に新たなスパイスを-
アイキャッチ画像
Home > [ネットビジネス] > ゴールデンウイークこそアフィリエイト作業で差をつけようじゃないか
この記事は約3分で読めます。
この記事は最終更新日から4年以上経過しているため現状にそぐわない可能性もあります。

ゴールデンウイークこそアフィリエイト作業で差をつけようじゃないか

投稿日:2013.4.28

ゴールデンウイークももう 2日過ぎてしまいましたねぇ。

今から言うのもアレなんですが、一応伝えておいた方がいいかなと思って書いてます。
こういう長期休みの時こそ他人様と差をつけるチャンスですよぉ。

↓↓↓簡単にサイトが作れる次世代ツール↓↓↓

SIRIUSレビューイメージ画像

今年の GW は前半・後半組が多いんでしょうね

今年の GWを一気に 10連休取ってしまう人は相当のつわものでしょう。

大体が前半3日後半4日という感じではないでしょうか。
会社自体が 10連休というところもあるそうですね。

 

ゆっくりする人もいれば、家族サービスで忙しい人もおいででしょう。

私はと言えば、本日は家族サービスで奥さんと小 6 の娘を連れて
水道橋の後楽園に行ってきました。

っと、今は後楽園じゃなくて「東京ドームシティ」っていうんですよね。
私なんかいまだに『後楽園遊園地』のままです。

キャプチャ画像

 

もともとどっぷりハマる予定ではなかったので
いわゆるパスポートというのは買わずに
アトラクションを利用する度にチケットを買う方式でのエンジョイってやつです。

私、知らなかったんですが、東京ドームシティの遊園地エリアって
入場料が無料なんです。

昔は入場料としていくらか取られたような記憶があるんですが。

その代わり、1回のアトラクション代が高かったぁ。

平均で 600円、観覧車は 800円です。
気軽に観覧車に乗ろうなんてとても言えませんわ。

キャプチャ画像

 

例の事故以来、ずっとジェットコースターが運休中のままというのもあるんでしょうか
GWだというのにあまり混んでもなく、
待ち時間は 10分から 15分と”ネズミの国”に比べたら天国そのもの。

ちょっと早めのバイキングをいただき
3つぐらいのアトラクションに乗ったところで本日は終了です。

キャプチャ画像

 

私は結局 1個も乗らず専属カメラマンと化していました。
だって女性陣は回転系のアトラクションばかりに乗りたいというもので。

私、ダメなんですよ、回転系は。
すぐに気分が悪くなっちゃうんです。

 

午後 1時半にはゲートを出ていました。
早く終わってよかったぁ(な~んてもちろん口には出しませんでしたよ)

区切り画像

さきほど帰ってきてこのブログを書いてます。
そして明日、また本格的にアフィリ作業に入ります。

この長期休暇をどう過ごすか
これでアフィリエイト作業の進捗状況がかなり変わります。

具体的には人が休みのときこそ、アフィリ作業を優先すべきです。
他人と差を付けたかったら他人様が休みの時が勝負です。

但しやみくもに作業をすればいいかと言えばそれは違います。

やるときはやる、休む時は休む。

メリハリをつけることです。

今日は休んで思い切り羽伸ばして、明日はこれだけの作業をこなしてという風に。

特に仕事をしている方の中には
まとまった時間が取れずにいつも中途半端に終わってしまって
結局先に進まないって人が結構います。

そういう人は、3連休やこういった大型連休の時こそ
一気に片を付けちゃいましょう。

あとの作業が目に見えてはかどりますし、吸収度もいつもよりも高いはずです。

私も今日は仕事を忘れてのんびりしてましたが、明日からは完全仕事モードです。

メリハリをつけてやると覚えるのも早いもんですよ。

 

そうそう、覚えるだけではだめです、
アウトプットもしないと。

アウトプットというのは要するに自分からの発信です。

ブログを書くでもいいですし
レポートをまとめてみるのもいいでしょう。

覚えるばかりではだめなので恥ずかしがらずにどんどん発信していきましょう。
これが重要です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら
下のソーシャルボタンで共有していただけると嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

おススメTCDテーマ

WordPressテーマ「NEXTAGE (tcd021)」

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

先頭へ