loading
 読み込み中...
ウェブの触手-日々の生活に新たなスパイスを-
Home > [ネットビジネス] > セールスレターの基本ともいうべき「QUEST FORMULA」を常にアタマの片隅に入れておこう
この記事は約2分で読めます。
この記事は最終更新日から4年以上経過しているため現状にそぐわない可能性もあります。

セールスレターの基本ともいうべき「QUEST FORMULA」を常にアタマの片隅に入れておこう

投稿日:2013.4.3

QUEST FORMULA(クエストフォーミュラ)とは
セールスレターを書く上でおそらくほとんどのアフィリエイターの方が
念頭に置いている基本形ではないでしょうか。

たとえその言葉を知らなくても
そのベースとなるものは常にアタマの中にあると思います。

↓↓↓簡単にサイトが作れる次世代ツール↓↓↓

SIRIUSレビューイメージ画像

セールスレター(セールスのための文章、つまりモノを売るための文章)

セールスレターで重要なのは「ウソを書かない」ことです。

これは絶対にやってはいけません。
信用をなくします。

では本当のことだけを箇条書きに並べていけばそれでいいのかといえば
そうでもないんですよね。

商品はいいのに文章が魅力的でないから忘れ去られてしまう…………
これではせっかく開発した商品も台無しです。

そのためいかに商品を上図にアピールするか
いかに買ってもらうかが重要となります。

その戦術の一つが QUEST FORMULA(クエストフォーミュラ)と呼ばれる、
型にはめてコピーを考えていくという手法です。

これはアフィリエイトに限らず物販サイトにも通用するものです。

 

ちなみに「QUEST」とは、以下の論法の頭文字をとったものです。

1.Qualify

読み手に対して「あなたの悩みを解決してあげますよ」という約束を宣言をすること。

例えば薄毛の人に「その悩みを解決する効果的な手段がありますよ」と言ってあげるようなものです。

2.Understand

読み手の悩みに対して自分も理解・共感していると伝えること。

「私も薄毛なのでその気持ちわかります。つい帽子をかぶりたくなりますよね」などの具体的実例で読み手の信頼を勝ち得ます。

3.Educate

文字通り、教育のことで、提供するその商品がどれだけ素晴らしいかをアピールすること。

「このマッサージ器は 1日 10分頭皮に当てるだけ。時間も手間も取りません」などといった商品の素晴らしさを伝えたり専門家の意見などを引用して、読み手に理解・納得させます。

4.Stimulate

読み手をいかに興奮させるかということ。
これが一番重要かもしれません。

読み手がその商品を使うことでどう生活が変わるか、どう人生が今以上によくなるかを想像させ、興奮させます。欲求をあおります。
そして商品を買いたくなる気持ちにさせます。

5.Transition

起こしてほしい次の行動を言葉できっちり伝えること。

例えば「購入ボタンはこちら。今すぐクリック!」といった最終的に購入につなげるための行動を指示してあげます。

区切り画像

ただ頭ではわかっていてもこれらを言葉できっちり書くのは容易ではありません。

だからコピーライティングが重要なのであり
売り上げの差にもつながってくるんですね。

私もあらためて QUEST FORMULA を印刷してそばに置いておこうかな。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら
下のソーシャルボタンで共有していただけると嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

おススメTCDテーマ

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

先頭へ