区民検診の受診を勧める勧誘電話にプレゼントキャンペーン!国保がスゴイことになっていた

Total 77 views
この記事の所要時間は約 3分です。

国民健康保険に入ると年に 1回、無料検診のお知らせが封書で届きます。

過去、何度かサラリーマンを辞めて国民健康保険にお世話になることがありましたが
今年の『お知らせ』はものすごく気合が入ってますよぉ。

スポンサーリンク


中を見ると「抽選でプレゼントが当たる!」ですって。
さらには受診を勧める"勧誘"電話まで…………???

イメージ画像

 

なりふり構わぬ受診のススメに隠された意味

ずっとサラリーマンをやってる人には無縁のものでしょうが、
国保に入っていると年に 1回完全無料で
血液検査やガン検診などが受けられる検診案内が届きます。

 

数年前まではいかにも公的郵便といった封書で案内が送られてきたもので
受診可能な病院名や硬い口調で書かれた検査内容書が入っているだけの簡素なものでした。

ところが今年送られてきた案内書を見てちょっと驚きました。

こちら↓がその封筒のおもて面です。

キャプチャ画像

 

いつからこうなってたのかは知らないのですが、
A4サイズの、まるでどこかの企業の資料請求みたいぢゃぁないですか。

一番気になったのは赤枠の文字。

「年に一度だけのチャンスです!」って、
なんか怪しいアフィリエイトリンクのうたい文句みたい。

封筒の中には、老眼を意識してのことか
以前よりは大きな文字で書かれた提携病院名や問診票、受診券などが入っています。

 

めくってる途中でちょっと場違いな文面の 1枚のペラに目が留まりました。

キャプチャ画像

 

「検診でハッピーキャンペーン」
「抽選でプレゼントが当たる!」

えっ、なに?これ?

いつからやってるのかは定かではないですが
こんなことまでして検診を勧めるようになってたんですね。

 

実はこの案内書自体はもうだいぶ前に届いてはいたんです。

もちろん受ける気満々なんですが、いつもバリウムを 2回飲むハメになるので
それだけの理由で申し込みをちゅうちょしてました。
(必ずといっていいほど 1回目でゲップをしてしまうんです)

しかしそんな子供みたいなことは言ってられないと
あらためてじっくり眺めたのが昨日のこと。

そして今朝、それを待ってたかのように
『区役所です』と名乗る女性の方から突然の電話。

絶対に区役所員ぢゃぁないよな
と思わせるほどりゅうちょうな口調で発せられたその内容は、
まさかの「検診のススメ」の案内でした。

「6月~8月は検査機関も比較的空いてます」
「抽選でプレゼントもご用意してますのでお早目にどうぞ」

などなど。

どうみてもれっきとした勧誘でしょ?

 

ま、こっちははなから行くつもりだったので
それほど長い勧誘文句を聞かされることはなかったのですが
今はこんなことまでして受診を勧めているんですね。
(行くつもりはないと言ったらどんな殺し文句であおってきたんでしょう。あとで考えたらそっちの方が興味ありました)

 

しかし"文字"と"声"でここまで攻めてこられると、
どうしても「なぜ?」という疑問がわいてきちゃいます。

ひねくれ者なんで
まさか本当に区民の健康を考えて勧めているとはどうしても思えないんです。

 

で、出た結論が、保険料の支出減のための苦肉の策ではないかと。

タダなのに検診を受けない→病気の発見が遅れる
→重い病気のため医療費がかさむ
→国の保険料の支出が増える………。

風が吹けばおけ屋がもうかるみたいな図式ですね。

検診を受けて早期発見による軽度の治療にとどめてもらい
その結果保険料の支出が大幅に減らせるなら
案内書にかかる費用など大した数字ではないということなのかもしれません。

それとももっと別の意図があるんでしょうか。

 

ここまで来るとなぜ 6月から 8月の受診者数が少ないのか
そっちも気になるところです。

ま、それはおいといて、できるだけ早く検診に行かなくては。

なんといっても体が資本ですから。

サラリーマンと違って
今は倒れたらそのまま収入減につながっちゃいますからね。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加してます。よろしければポチッとな。

お気軽にフォロー↓してください。

ブログ更新情報はこちらからどうぞ。

follow us in feedly

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)