【WordPress】バージョンアップ、ちょっと待って

Total 405 views
この記事の所要時間は約 3分です。

帰省先にレンタル Wi-Fi 機器を持っていったものの、
実際は iPhone のテザリングによる通信の方がスムーズだったことに、
なんのためにレンタルWi-Fiを借りたのかと落胆しているきゅいじんです。

スポンサーリンク


一応ウルトラハイスピードの地域ではあるんですが、
ブラウザのページが表示されるまでに延々時間がかかって仕事になりません。

レンタル機器はウルトラハイスピードへの自動切り替え可能な仕様だというのに、
その恩恵をほとんど享受できてません!

仕方ないので iPhone をルーターにしてなんとかしのいでます。

 

イメージ画像

 

3.6 へのバージョンアップを前に

さて、つい最近ワードプレスの最新バージョンが 3.6 にアップしました。
3.5.2 からのバージョンアップです。

管理画面を見るとこんな↓感じでアップデートのお知らせが来てると思います。

キャプチャ画像

 

Wordpress のバージョンアップですが、
セキュリティも向上しより使いやすくなるはずなので
基本的には最新版にアップデートした方がいいのですが
ちょっと待った方がいい場合もあります。

今回がその「待った方がいい」場合に該当します。

今回のアップデートのように 3.5.2 からの 3.6 へのアップデート、
つまり小数点第 1位の部分のアップデートのような場合です。

例えば 3.5.1 から 3.5.2 といった小数点第 2 位の部分の数値が変わる場合は、
ほとんどがセキュリティ向上や細かなバグの修正なので
すぐにバージョンアップしても問題が出ることはほとんどありません。

しかしながら今回の場合のように 3.5.2 から 3.6 といったように、
小数点第 1 位の数値が変わる場合は、
もちろんセキュリティ向上やバグの修正も含まれますが、
それ以外にシステムの変更等が含まれる場合もあります。

そのためつい勢いでアップデートしてしまうと、
内部コードの変更のせいで
サイトが正常に表示されないといった症状に出くわしたり、

プラグインが最新バージョンに対応できず、
こちらも正常に動かなくなる可能性も出てきます。

こういった小数点第 1 位のバージョンアップ時は、
慌てずしばらく様子を見るのが賢明です。

そのうち有志がかならずバージョンアップのレポートを書いて
ブログなどにアップしてくれますから。(^^;、

そのレポートを読んでからでも遅くはありません。

あるいは 3.6.1 というマイナーバージョンアップ版が出てから
バージョンアップするという手もあります。

3.6.1 は、もしも 3.6 に何らかの不具合等があった場合、
それを解決したバージョンになってることがほとんどだからです。

 

バージョンアップに際しての注意点をいくつか

1.ワードプレスをバージョンアップする場合は、
冒頭で紹介した画像の「更新してください」というリンクをクリックすれば
更新ページに変わります。
(いきなり更新が始まることはないのでご安心を)

その際必ず日本語版を選択するようにしましょう。
(英語版がいい人はもちろん英語版にしてください)

更新ページに変わると下の画面のように日本語版と英語版がありますので、
「Wordpress 3.6–ja」の更新を選択します。
(最新バージョンが出てすぐの時は「Wordpress 3.6–en_US」しかない場合があります。これは英語版になります。こういった時は数日遅れで ja 版が出てくるので気長に待ちましょう)

キャプチャ画像

 

2.Wordpress のバージョンアップ時は、可能であればバックアップをとっておきましょう。

 

3.Wordpress 本体の仕様が変わった場合は、
一部のプラグインが正常に機能しなくなることがあります。

バージョンアップする際はプラグインのことも考えておきましょう。

 

4.WP Super Cache などのキャッシュ系プラグイン
必ず「停止」させてからアップデートします。

これを怠るとバージョンアップ後に画面が真っ白になって
何も表示されなくなる場合があります。

またこの復旧は初心者の方には困難かと思われますので注意が必要です。

以上です。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加してます。よろしければポチッとな。

お気軽にフォロー↓してください。

ブログ更新情報はこちらからどうぞ。

follow us in feedly

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)