loading
 読み込み中...
ウェブの触手-日々の生活に新たなスパイスを-
Home > [Windows・PC] > (サポート外だけど)素人がハードディスクをSSDに交換してみた!
この記事は約7分で読めます。
この記事は最終更新日から2年以上経過しているため現状にそぐわない可能性もあります。

(サポート外だけど)素人がハードディスクをSSDに交換してみた!

投稿日:2015.4.1

HDD搭載のノートPCの起動が遅く感じられるようになってきたので
サポート外なんだけど HDDを SSDに取り換えてやったさ。

交換してはや4ヵ月。

今も快適にサクサク動いているので交換時の様子をちょっと書いてみようかなと。

↓↓↓簡単にサイトが作れる次世代ツール↓↓↓

SIRIUSレビューイメージ画像

SSD

SSDっていうのは「ソリッド・ステート・ドライブ」のそれぞれの頭文字をとったもので
HDD(ハード・ディスク・ドライブ)とよく比較されます。

一番の違いは、(大ざっぱな説明ですが)HDDが円盤状のディスクに記録するのに対し
SSDは USBメモリのようにメモリーチップに記録するということ。

その結果 SSDは HDD搭載 PCに較べて読み書きがとても速くなります。

最近のノートPCは HDDだけでなく SSD搭載機も増えてますね。

私がカスタマイズ注文で VAIOLet’s Noteを購入した時は
迷わず SSDを選びました。

それほど SSDはストレスフルなんです。
(値段が高いのが唯一のデメリット)

でも以前から我が家に鎮座ましますメイン機(だった)日本hpのノートPC(以下 ENVY dv7)は HDD(ハードディスク)のままなんですね。

キャプチャ画像

そんなもんだから VAIOLet’s Noteで仕事をした後に ENVY dv7で仕事すると、
そのスピードの遅さについイライラしちゃうんです。

決して ENVY dv7が遅いってわけじゃないんですが
SSD搭載機と較べてしまうと、ねえ。

だから ENVY dv7も SSDに交換したら早くなるんじゃねえの?と思い立ったわけです。

ただ問題は HDDから SSDへの交換はサポート外だったこと。

当然のことながら交換手順なんかの情報もいっさいなし。

しかも SSDの価格がまだまだ高かったこともあってずっと二の足を踏んでたんです。

でも、、、そろそろ限界が近づいておりました。

そこで失敗してもいいやというお気楽な気持ちで
SSD交換に踏み切ることにしたんです。

スポンサーリンク

まずは ENVY dv7のチェック

失敗してもいいやとは思ったものの 16万もするノートPCでしたから、
万が一の場合にまた元に戻せるかどうか、そこのチェックが一番重要でした。

こちらが ENVY dv7の背面。
赤枠のところに HDDが組み込まれてます。

キャプチャ画像

大抵は周囲4か所にネジ止めで固定されてるもんですが、
ENVY dv7も同じでした。

都合 4か所のネジを外して HDDをカバーから外していきます。

キャプチャ画像

こういった作業で一番怖いのが静電気

私はこんなとき化繊の服は脱ぐことにしています。その後に手を洗って(残っている静電気を放出して)綿タオルでそっと手を拭くんです。

昔、安易にメモリーにさわってビリッとさせてしまい、メモリーをダメにした経験があるもんで。

ENVY dv7 の HDDはケーブル1本で接続されています。(SATA接続)

キャプチャ画像

これなら同じ規格の SSDであればケーブルをさすだけでなんとかなりそうな気がしますね。

万が一 SSDを認識しなかったとしても元の HDDに載せかえればいいだけのことでしょうから。

ただ私、パソコンとの付き合いは結構長いんですが、
SSDに関してはあまり詳しくなかったんです。

SSDは規格がいろいろ

とりあえず HDDから SSDへの交換情報をネットで調べてみました。

……

…………

………………

いやいやいきなり壁にぶち当たってしまいました。

だってわからない記述がほとんどなんですもん。

①SLCと MLCって何?どっちを選べばいいの?とか、

②SATAは Ⅰ Ⅱ Ⅲどれが合ってるの?どれでもいいの?とか、

③7mm or 9.5mm厚?とか、

④2.5インチ or 3.5インチ or スペーサー?とか、

⑤Serial ATA 6Gb/s って何の規格?それ以外のモノはダメなの?とか、まぁいろいろ。

ね、さっぱりわからんでしょ?(って私だけか)
こんなんでよく交換する気になるなと多少落ち込む私。

しかも実際に店舗に行って SSDを調べてみたら、、、どこもバルク品しか扱ってないときたもんだ。

(バルク品っていうのはパッケージ商品じゃなくて部品をそのままハダカで売ってるようなもんです)

バルク品だからコチラ側の知識がそこそこないと間違った製品を選びかねません。

そこで改めて SSD交換に際してちょっとだけお勉強をしてみましたよ。

①SLCと MLCって何?どっちを選べばいいの?

私も詳しくは知りませんが、データの記録方式の違いみたいで、
個人ユースの PCであれば MLCで充分らしいとのこと。

②SATAは Ⅰ Ⅱ Ⅲどれが合ってるの?

これはあまり気にしなくていいでしょう。
互換性があるはずなんで。

③7mm or 9.5mm厚?

これは HDDや SSDの厚さになります。

ENVY dv7に装着されてた HDDを測ったら9.5mmでした。

よって本来なら9.5mm厚の SSDを購入しなければならないところですが……。

④2.5インチ or 3.5インチ or スペーサー?

SSDは2.5インチしかないみたいですね。

一方、デスクトップ PCの HDDは3.5インチ。

つまりデスクトップ PCに SSDを載せようと思ったら
3.5インチに変換するための”マウンタ”というものが必要になります。

同様に7mm厚のSSDをENVY dv7のように9.5mm厚用のケースに入れようと思ったら
”スペーサー”と呼ばれる厚さ調整プラスチックが必要になります。

つまり私の場合、スペーサーを事前に用意しておけば
仮に7mmのSSDだったとしてもなんとかなるって話です。

⑤Serial ATA 6Gb/s って何の規格?

たぶん転送速度のことだと思うんですが、
これが何に関係してくるのか最後までわかりませんでした。

でも各種SSDのスペックを見てるとこの数値が書いてあるものがほとんどだったんで、
たぶんそんなに気にする必要はないんだろうなと半ば無理やり自分を納得させた記憶があります。

 

SSDの購入

実際に購入したのはこちら↓です。

サムソンの840EVO(500GB)です。
その当時で 25,000円ぐらいだったような。

キャプチャ画像

バルク品のショーケースの脇でたまたまワゴンセールをやっていたパッケージ品で
「SATA 6Gb/s」「7mm」という数値がパッケージ裏に見えたんでほぼ衝動買いでした。

SSDはまだまだ高いです。

なので起動ディスクは SSD128GB ぐらいにして作業用に別途 512GBの HDDを載せるといったような構成のノートPCも出ています。
(もちろん HDDベイが 2つ必要になります)

ただ私の場合は、画像加工や動画編集など読み書きのスピードに直結する作業が多いもんで、金はかかっても大容量の SSDを載せることにしています。

厚さは HDDが9.5mm、サムソンのSSDが7mmだったので、
9.5mmに合わせるべくスペーサーも購入しました。

キャプチャ画像

接続部は同じ規格です。(SSDにはすでにスペーサーがくっついてます)

キャプチャ画像

 

交換作業

交換作業は至って簡単です。

HDDを外した時と逆の作業をやればいいだけのことですから。

外したケーブルをSSDに装着し直します。

キャプチャ画像

4ヵ所のネジを留めて固定します。

キャプチャ画像

交換終了。
さっそく起動してみると。。。

なんかうまくいったような感じですよ。

BIOS画面を立ち上げるとちゃんとSSDが認識されてましたから。

続けてリストアDVDを使って OSの再インストール。

そして………ひゃっほう!

Windowsが起動しました。

しかも速い!早すぎる

まあアプリも何も入ってない状態なんで早いのは当たり前ですが、
立ち上がり時間は体感速度で 20秒前後ってとこでしょうか。

Windows(8.1)も SSD(ソリッドステートドライブ)とちゃんと自動認識しているようです。

キャプチャ画像

無事 Windowsが起動することを確認できたので
そのままアップデートやらアプリの再インストールなどを続行します。

結局、元の環境を再現するのにまる 1日もつぶしちゃいました。

私の場合は必要最低限のアプリしか入れてないんで再インストールという手段をとりましたが、
引っ越しアプリなどを使って元に戻す方法もあります。

そして現在

4ヵ月経った今でも、特に大きな問題はなくサクサクと動き続けております。

OS起動時間は 1分前後くらいでしょうか。

各種アプリの起動も早いしコピー作業もサクサクで
SSDの恩恵をフルに味わってます。

SSD交換をやってみたい方、
この記事を参考にされるのはいいんですがあくまで自己責任でお願いしますね。

私の場合はたまたまうまくいったケースかもしれませんから。

サムソンの SSDならこちら↓からどうぞ。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら
下のソーシャルボタンで共有していただけると嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

おススメTCDテーマ

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

先頭へ