loading
 読み込み中...
ウェブの触手-日々の生活に新たなスパイスを-

【iPhone】カメラのシャッターが切りづらい体勢の時はイヤフォンマイクを使おう

投稿日:2015.12.16
更新日:2018.3.30
アイキャッチ画像
この記事は約3分で読めます。

iPhoneのカメラのシャッターが押しづらい時ってないですか?

そういう時って手ブレまで起きちゃうんですよね。

コンデジの使用機会が減ってしまった

iPhoneのカメラを使うようになってからというもの、
コンパクトデジカメ(コンデジ)を使う機会がかなり減りました。

一番の理由が、
画質がコンデジに匹敵するほどのものになったからです。

スマホならではの”機動性”のよさっていうのもあります。

それまではコンデジで撮影した後は
画像の入ったSDカードを抜いてPCに差し込んで
画像をコピーして……という面倒くさい作業を経ないと
画像の保存ができませんでした。

それがiPhoneで撮影した場合は、
Dropboxを立ち上げると自動的に画像がクラウドに保存され、
PCとの同期が終わればすぐにでも画像をPCで編集できちゃいます。

編集がいらないようなちょっとした撮影なんかは、
もうiPhoneで全部済んじゃう世の中になってきましたよね。

コンデジは今や三脚を据えての撮影とか
光学ズームが必要なシーンでしか使わなくなりました。

スポンサーリンク

シャッターが切りづらいシーンだってあるさ

ただiPhoneでの撮影は確かに便利で機動性も抜群ですが、
不便な時もあります。

たとえばこちら↓は、
こたつの中にいる猫を瞬間的にiPhoneで撮影した画像です。

キャプチャ画像

タイトルは”独り占め”なんですが、
いつまでもこんな姿勢をとり続けてくれるほど
猫ちゃんは親切ぢゃぁありません。

すぐにでも姿勢を変えたり
こたつの中から出てきちゃったりしますから。

だから簡易照明をさっとこたつの中に入れて
iPhoneのカメラを起動して構図を決めて
躊躇することなくパシャ!ってやりたいところなんですが、
これを撮影するには体を横に向けてこたつの布団を片手でめくったままにし、
無理な体勢でカメラを構えて、
指がつりそうなつかみ方をしながらシャッターボタンをタップするという……
実に涙ぐましい努力があったりするわけです(笑)。

照明も光量が足りないし、iPhoneを持つ手もプルプル震える始末で、
これじゃあモヤっとした写真しか撮れないのも無理はないですね。(=_=)

でも、イヤフォンマイクを付けて撮影していたら
もっと”キリっ”とした写真が撮れていたかもしれません。

 

シャッターの切り方は1種類だけじゃない

シャッターの切り方は3つあります。

一つは画面上の丸いボタンをタップして撮影する方法。

(タップした時じゃなくて指を話した時がシャッターチャンス)

キャプチャ画像

もう一つはボリュームキーの+か−を押す方法。

iPhoneを横に構えるときはこちらの方がシャッターが切りやすいでしょう。

キャプチャ画像

そして最後が、イヤフォンマイクを接続した状態で
リモコンの+か−を押す方法。

キャプチャ画像

この方法だと手ブレが少なくなりますし、
シャッターチャンスも逃がしません。

もう指がつるような持ち方をしなくてもいいんです。

どうぞお試しください。

以上です。

※当記事は掲載日(更新日)時点の情報につき、最新のものとは異なる場合があります。

【iPhone8&iOS11.2.6にて検証済み】

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら
下のソーシャルボタンで共有していただけると嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アイキャッチ画像

スポンサーリンク

 

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

先頭へ