loading
 読み込み中...
ウェブの触手-日々の生活に新たなスパイスを-
Home > [Wordpress] > 【Wordpress】ASPのアフィリエイトリンクがPC用とスマホ用の2種類あった場合、投稿内に1個の広告リンクで表示させる方法
この記事は約4分で読めます。

【Wordpress】ASPのアフィリエイトリンクがPC用とスマホ用の2種類あった場合、投稿内に1個の広告リンクで表示させる方法

投稿日:2016.8.4

うまいタイトルが思いつかず、
何のことかと思った方も多いんじゃないでしょうか。^^;

説明がとても難しいのですわ。
(だれですかぁ?表現力が足りないだけだろうなんて言ってる人わぁ~)

SIRIUSレビューイメージ画像

投稿内でphpは使いたくないものの…

当記事は私がいろいろ検討した結果、最もやりやすいと思った方法を書いてますが、もっと簡単な方法があるかもしれません。ご了承ください。

例えば投稿ページに差し込みたい広告リンクがあったとして、
その広告がPC用とスマホ用の2種類のリンクを用意してたとします。

こんな感じでね。

キャプチャ画像

PCで見た時とスマホで見た時にそれぞれ異なるレイアウトの広告が表示されるよう、
ASP側がわざわざ2種類の広告を用意してくれてるというものです。

もちろん2つともリンク表示してそれぞれに、
「PCで見てる人はこちらをクリック」とか「スマホで見てる人はこちらをタップ」とか
但し書きをつけちゃえばそれで話は終わりです。

お疲れ様でした。

でもね、できればリンク表示は1個だけにしてそのリンクをタップ(クリック)したとき、
PCで見てる時はPC用のランディングページが、スマホで見てる時はスマホ用のランディングページが表示されるっていうのがスマートってもんでしょう。

なによりも、訪問者に余計なことを考えさせずにリンクを踏んでもらうってことが
一番重要なところです。

そうなると問題になってくるのが、投稿ページ内に
「PCで見てる時はPC用の広告リンクに誘導し、スマホで見てる時はスマホ用の広告リンクに自動的に誘導させる」というphpの条件分岐コードを書かなきゃならないってことです。

これがウィジェットやテンプレートファイルに書き込むのなら
何の問題もありゃしません。

でも投稿ページ内だとちょっと敷居が高くなります。

「Exec-PHP」といったプラグインを使えばできないこともないですね。

ただこのプラグインは長いこと更新がされてないのでセキュリティの問題が残ってます。

他にも似たようなプラグインはないこともないんですが、
できれば投稿ページに直接phpコードを埋め込むのは……いろんな意味でちょっと避けたいところではあるんですよね。

じゃあ、どうするか。

   

   

   

そんな時はショートコードを使っちゃおうよというのが今回のやり方です。

 

スポンサーリンク

ショートコードでインクルード

検証は行ってますが、カスタマイズ・実装に関しては”サイトが表示されない”などのトラブルが発生する可能性もありますゆえ自己責任にてお願いします。

やり方としては

  • PC閲覧時にはPC用アフィリリンクのみ表示させ、スマホ閲覧時にはスマホ用アフィリリンクのみを表示させるための条件分岐phpコードを書いたファイルを作成。
  • テーマファイルに格納フォルダを作ってそこに作成したphpファイルを保存。
  • そのファイルをショートコードとして有効にするためのコードをfunctions.phpに記述。
  • 投稿内にショートコードを記述。

一つずつやっていきます。

条件分岐phpの作成

新規に拡張子.phpでファイルを作り、その中に以下を記述します。

WordPress3.4から実装された条件分岐タグである”wp_is_mobile”は、

「PC閲覧時にはPC用アフィリエイトリンクのみ表示させ、スマホ閲覧時にはスマホ用アフィリエイトリンクを表示させる」というものです。

ただし”wp_is_mobile”というのは
スマホ(iPhone)だけでなくタブレット(iPad)でも有効なため、
タブレットを除外したい場合は”is_mobile”に変える必要があります。

といっても”is_mobile”は正式な条件分岐タグではないので、
新たにfunctions.phpにコードを設定してやらないと機能しません。

そのため以下をfunctions.phpに加筆しておきます。

テーマによってはすでにこの記述が入っているものもあります。

functions.phpを見て、なかったら加筆するといいでしょう。

実際のphpファイルはこちら↓になります。

phpファイルの格納

上記のファイルは今後も増える可能性があるので適当なフォルダを作って
そこに格納すると管理がしやすいと思います。

今回はテーマフォルダ内に「parts」というフォルダを作って
そこに「test.php」という条件分岐phpファイルを格納したとします。

functions.php

test.phpのコードを有効にするために以下のコードをfunctions.phpに書き込みます。

投稿内にショートコードを記述

アフィリリンクを貼りたい位置に以下を記述すれば完了です。

[affilinkphp file='test']

区切り画像

フォルダ名とかファイル名は自由に変えられます。

ただし変更の際は、下の画像のように色分けした部分を一致させるようにしましょう。

キャプチャ画像

本当はASP側で自動振り分けしてくれるのが一番いいんですが、
そうでないのもまだあるので、そんな時は今回の方法を使ってみてはいかがでしょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら
下のソーシャルボタンで共有していただけると嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

おススメTCDテーマ

WordPressテーマ「BLOC(tcd035)」

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

先頭へ