loading
 読み込み中...
ウェブの触手-日々の生活に新たなスパイスを-

【iPhone】QRコードの読み取りは専用アプリいらずでとても簡単

投稿日:2018.3.3
アイキャッチ画像
この記事は約2分で読めます。

QRコードってご存知ですよね。

このQRコードですが、
以前はサードパーティーのアプリを使って読み取るのが普通でした。

でも今はiPhone付属のアプリで簡単に読み取れるんです。

サードパーティー(第三者という意味)のアプリというのは、簡単に言うとiPhone付属のApple開発のアプリではなく別のメーカーがiPhone用に開発したアプリという意味です。

方法1:カメラで読み取り

最初はカメラアプリを使っての読み取りです。

(iOS11以降)

先に設定→カメラで、
カメラのQRコードスキャン機能をONにしておきます。

キャプチャ画像

続いてiPhoneのカメラアプリを立ち上げ、

キャプチャ画像

PCに表示されたQRコードや印刷物のQRコードに
カメラをかざします。

すると画面最上部Safariで開くかどうかの通知が表示されます。

その通知をタップすると、QRコードに記載されたサイトがSafariで開きます。

キャプチャ画像

※読み取りテスト用にQRコードを用意しました。

(iPhoneでご覧の方は後ほどご紹介するやり方でお試しを)

キャプチャ画像

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です

上のQRコードをスキャンすると”かわいいだけじゃ猫とは付き合えない”という猫サイトが開くはずです。

スポンサーリンク

方法2:Chromeで読み取り

ブラウザのChromeでもQRコードが読み取れます。

(アプリが入ってない方はインストールが必要です)

キャプチャ画像

インストールしたChromeのアイコン上で長押し(3D Touch)します。

すると”QRコードをスキャンします”という項目が出るので
そこをタップします。

キャプチャ画像

カメラが起動するので、枠内にQRコードが入るよう調整します。

キャプチャ画像

QRコードがスキャンされると
自動的にQRコードに登録されたURLがChromeに読み込まれるので、
右下の”Go”をタップすれば目的のページが開きます。

キャプチャ画像

 

番外:3D Touchで直接開く(Safari)

先ほどの2つのやり方は、
QRコードにカメラをかざして読み込むというやり方でした。

じゃあたとえばiPhone上のSafariで閲覧しているページ上
QRコードがあった場合はどうしましょう。

この場合、カメラで読み込むのは不可能です。

でも大丈夫。

別のやり方があります。(Safari限定)

ブラウザ(Safari)に表示されてるQRコードの上で
長押し(3D Touch)します。

するとQRコードが拡大されるので、
そのまま指を放さずにちょっとだけ上にずらします。

キャプチャ画像

するとQRコードに含まれてるアクションが表示されるので
目的のアクションをタップします。

キャプチャ画像

※iPhoneでご覧の方は読み取りテスト用のQRコードでお試しください。

以上です。

※当記事は掲載日(更新日)時点の情報につき、最新のものとは異なる場合があります。

【iPhone8&iOS11.2.6にて検証済み】

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら
下のソーシャルボタンで共有していただけると嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アイキャッチ画像

スポンサーリンク

 

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

先頭へ