HOME > 音楽 > 最近惚れ込んでいる二胡の旋律/曹 雪晶
公開日:2011.7.19
この記事は約3分で読めます。

最近惚れ込んでいる二胡の旋律/曹 雪晶

この記事は最終更新日から8年以上経過しているため現状にそぐわない可能性もあります。

だいぶ前にTSUTAYAでCDを物色していた時、「心が休まる」コーナーに置いてあったのが「曹雪晶」という人のCDでした。

見ると二胡の演奏家です。

その頃はわずらわしいことが多すぎて心も荒れて(?)いたので、まんまとTSUTAYAの戦略に乗っかってついつい借りてしまったCDだったんですが…いやあ、実際のところかなり気にいった音楽なので敢えてここで紹介しておこうかと。

SIRIUSレビューイメージ画像

二胡の音色はいやされますぅ

TSUTAYAの棚に置いてあったのは「島唄・二胡」というタイトルのCDでした。

収録曲は「島唄、てぃんさぐの花、花、十九の春、安里屋ユンタ、ハイサイおじさん、恋しくて、童神、涙そうそう、ワダツミの木、ウムカジ、さとうきび畑、芭蕉布、月ぬ美しゃ」

私の場合、何回か聴いて好みに合った音楽だけをiPodに収めることにしています。

通常、アルバムに入っている曲すべてが収まることはなく、何曲かは必ず落ちます。

それがこのアルバムに至っては私の琴線に触れたようですべての曲が入っています。

言葉で説明するのは難しいんですが、たおやかな女性を思い起こさせる二個の旋律と琉球の独特の旋律が見事に溶け合っている感じ…って、余計にわからなくなっちゃったかな。

調子に乗って別のCDを借りようとしたところ、私の行きつけのTSUTAYAでは他のCDは置いてないみたい。

なのでAmazon.comで注文することにしました。

それが「恋唄」

恋唄

収録曲は「愛燦燦、SWEET MEMORIES、L-O-V-E、LOVE LOVE LOVE、愛の讃歌、世界に一つだけの花、結婚しようよ、First Love、恋におちて、ラヴィン・ユー、好きにならずにいられない、セカンド・ラブ、TSUNAMI、Summer Mood」

昔のAmazon.comのイメージしかなかったので1,600円程度のCD 1枚が送料無料で3日ぐらいで家に届いたのにはかなり驚かされました。

CDを聴いてさらに別の意味で驚きましたよ。

J-Popのカバーなんですけど…アレンジがどうにも共感できない。

元曲の今風なアレンジと悠久な世界を紡ぐ二胡のアンバランスなリミックスが狙いだったのでしょうが、私にはいただけませんでした。

「島唄・二胡」のイメージが強すぎたせいか、のびのび感がないというかなんというか。

(ゴメンナサイ曹さん)

もちろん演奏家である曹雪晶さんはそんなことはこれっぽっちも思ってないでしょう。

単に私の感性と相入れなかっただけです。

曹雪晶さんには悪いんですが、何度も聴いた結果すべての曲がお蔵入りとなりました。

これにめげず、次は「悠久的旋律 二胡」を仕入れようかとも思ってます。

おまけ:曹雪晶さんのウェブサイトを見るとかなりシンプルなので最初は驚きます。

が、プロフィールを見ると結構な演奏家のようですよ。

もっともそれ以上のことは知りませんが。

あ、二胡の音色は最高でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事はお役にたてましたか?

記事に興味をもっていただけたらソーシャルボタンでの共有お願いします^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)