アイキャッチ画像
HOME > ウェブデザイン > Affinity Photo > キャンバスサイズを超える大きい画像から必要部分だけを効率的に切り取るやり方-Affinity Photo
記事公開日:2021.6.18
この記事は約3分で読めます。

キャンバスサイズを超える大きい画像から必要部分だけを効率的に切り取るやり方-Affinity Photo

ここではAffinity Photoの数ある機能の中から主にブログサイトや商品・サービス紹介サイトでの利用を前提としたweb用画像の作成・加工についての使い方をご紹介します。

(記事中の画像もAffinity Photoで作成してます)

このページは知ってればより効率アップTips系記事になります。

Affinity Photoの基本的な使い方こちらにまとめてあります。

タイトルの事例にあるような作業に出くわすことはあまりないかもしれませんが、Affinity Photoの画像の切り抜きには若干クセがあるようなのでちょっとだけ触れておこうかと。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャンバスの外にある見えない部分は範囲指定の範囲外?

実際の画像サイズが3375px×2250pxとかなり大きめの画像(Photo by Ella Olsson from Pexels)から赤枠内のプレートだけを切り取る作業を例にご説明します。

管理人

iPhoneなんかで撮影した商品画像もかなり大きいですよね。

あっ、そういう意味じゃ需要はあるか。

キャプチャ画像

これを横幅700pxのプリセットで作成した新規ドキュメントに読み込んでみると、当然のことながら下の画像のように全体の一部しか表示されません。

キャプチャ画像

次にやる作業は画像全体が編集画面内に収まる範囲にまで画面の表示倍率を小さくすることでしょうか。

キャプチャ画像

そして切り取り対象が表示領域に表れるよう画像を移動したりサイズ調整を行います。

キャプチャ画像

マーキーツール(範囲選択ツール)で大まかに範囲指定して切り取り[ctrl]キー画像[X]キー画像)&ペースト[ctrl]キー画像[V]キー画像)します。

(範囲指定するには画像のラスタライズが必要です)

すると画面上は変わってませんが、レイヤーを見ると切り取った部分が新規レイヤーとしてペーストされてるのがわかります。

キャプチャ画像

あとは残った画像(レイヤー)を削除すれば切り取り完了となります。

(このあとはペンツールなどを使って細部を切り取るなどの作業に続く...)

キャプチャ画像

今回は1枚画像だったのでこれでもいいっちゃいいんですけど、すでに何枚ものレイヤーが積み重なってる状態でこの切り抜き作業をやろうとしたら、範囲選択や切り抜き作業時に別のレイヤーを指定してしまったりなどのミスが生じがちです。

そしてもう一点。

ここからが本題なんですが、範囲選択後にメニューの【選択】→【ピクセル選択範囲を反転】をクリックすると範囲選択した部分の反対(外側)が範囲選択状態になるため、その時点で削除をかけると結果的に切り取り対象だけが残るという通常より一手短い時短テクニックがあります。

ここで問題になるのがAffinity Photoの場合は見えてる範囲(キャンバス内・表示領域)よりも外側にある部分は選択対象外になること。(設定で直る?)

つまりさきほどの例でいうと、下の画像のように切り取り対象外の部分がキャンバス外にも残っていたため「ピクセル選択範囲を反転」を使ったとしてもキャンバス外の部分は選択されずに残っちゃうんです。

それゆえあらためてその残った部分をクリックして削除という二度手間の作業が発生するため、反転作業のメリットは全くありません。

(Fireworksは選択範囲の反転で外側全削除が可能)

キャプチャ画像

もっともこれまでのやり方で何の問題もないよって方はここで終了ってことになります。

ただ選択範囲の反転による一発切り抜きに慣れてしまった私としては、なんとかそれに近いことはできないかと日々考えておったわけですよ。

(もっと別のことに時間を割くべきだったかも)

で、なんとかそれっぽいことができるようにはなったんです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

反転切り抜きの効率的なやり方

別に作業用のプリセットを作っておきます。

だいたい5000px四方もあればどんな画像にも対応できると思います。

キャプチャ画像

このプリセットで作ったドキュメントにさきほどの画像を取り込んだときのキャプチャ画像がこちら↓。

最初から画像全体が見渡せるのでこの段階で切り取り対象を範囲選択しちゃいます。

もうすでに時短。

キャプチャ画像

続けて「ピクセル選択範囲を反転」をかけて選択範囲を反転させます。

キャンバスサイズが大きいので切り取り対象以外は隠れることなく全部キャンバス内に見えてます。

よってこの状態で削除をかければ一気に反転部分を削除することができます。

キャプチャ画像

あとは残った画像をコピーし、本来作業すべきドキュメント上にペーストするだけ。

さっきみたいに縮小・拡大と移動を繰り返して…なんて作業は一度もないのでかなりの時短につながるかと思います。

【Affinity Photo ver.1.9.2で検証済】

【Volar】サイトイメージ画像

スポンサーリンク

記事はお役にたてましたか?

記事に興味をもっていただけたらソーシャルボタンでの共有お願いします^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)