アイキャッチ画像
HOME > ウェブデザイン > Affinity Photo > マクロ登録のやり方-Affinity Photo
記事公開日:2021.6.16
この記事は約3分で読めます。

マクロ登録のやり方-Affinity Photo

ここではAffinity Photoの数ある機能の中から主にブログサイトや商品・サービス紹介サイトでの利用を前提としたweb用画像の作成・加工についての使い方をご紹介します。

(記事中の画像もAffinity Photoで作成してます)

このページは知ってればより効率アップTips系記事になります。
Affinity Photoの基本的な使い方こちらにまとめてあります。

マクロというのはExcelとかのマクロと同じで、複数の動作を記録してマクロ登録しておくことで以降はそのマクロを1クリックするだけで一連の動作を呼び出せる機能です。

ここではAffinity Photoでのマクロの登録方法をご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

余計な操作は記録しない

サンプルとしてアンシャープマスクという”輪郭をくっきりさせるライブフィルタ”をかける作業をマクロ化してみます。

通常であればアンシャープマスクをかけたい画像レイヤーをクリック(選択状態)→(ライブ)フィルターからアンシャープマスクを選択→ダイアログで数値を設定→確定という段取りになります。

しかしアンシャープマスクなんて毎回毎回設定値が大幅に変わることはありません。

それなのに毎回ダイアログを出して毎回似たような数値を入れていくのは非効率的です。

こういう時は汎用的な設定値のアンシャープマスク用マクロを作っておき、マクロ1クリックでとりあえずアンシャープマスクを速攻でかけちゃいます。

マクロを実行したあとでもしも”今回の画像だとちょっとかかり過ぎかな”と感じたらアンシャープマスクのダイアログを出して必要部分だけちょこっと変えればいいし、問題なければそのままスルーするだけですからかなりの効率化と言えます。

 

さてマクロ化作業で重要なのは余計な操作をできるだけ省くことです。

アンシャープマスク用マスクも画像を取り込むところから記録しても無意味です。

そこから記録すると毎回その画像を取り込むところから始まっちゃうので、記録の開始は何らかの画像を選択状態にしておきアンシャープマスクをかける直前からの記録にします。

またマクロはほとんどの動作を記録するので、スムーズにマクロを実行させる意味でも記録中は最小限の動作だけに留めます。

(記録されない操作も中にはあります)

もしも余計な動作が記録されてしまった場合は最初からやり直すか、このあとご紹介するマクロの編集でいらないものは無効化しておきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

マクロの記録のやり方

では実際のやり方です。

先にメニューの【表示】→【スタジオ】から【マクロ】【ライブラリ】をクリックして表示させておきます。

管理人

このあと出てくる画像の【マクロ】と【ライブラリ】タブの表示箇所は私固有の表示位置なので必ずしもあなたの環境と同じとは限りません。

(タブはドラッグすれば任意の位置に移動可能)

レイヤー上でアンシャープマスクをかけたい画像を選択状態にしたらマクロの記録開始ボタンをクリックします。

キャプチャ画像

ライブフィルターからアンシャープネスマスクを指定します。

(厳密には違うけどメニューの【フィルタ】→【シャープ化】→【アンシャープマスク】でもOK)

キャプチャ画像

設定用のダイアログが出るので汎用的な数値を入れて確定(×をクリックして閉じる)させます。

キャプチャ画像

これで終了なのでマクロの記録停止ボタンをクリックします。

手順が2つ自動的に記録されてるのが確認できます。

これで問題なければライブラリに追加をクリックします。

キャプチャ画像

適当にマクロ名を入力します。

(カテゴリー分けも可)

キャプチャ画像

次からはライブラリの中からアンシャープと名付けたマクロをクリックするだけで予め設定された数値でのアンシャープマスクが1発でかかるようになります。

キャプチャ画像

管理人

今回は2手しか記録されてませんが場合によっては何手順も必要な操作が1クリックで済ませられるのがマクロの魅力ですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

マクロの削除・修正

マクロ上で右クリックするとマクロの名前を変えたりいらなくなったマクロを削除したりマクロの編集もできます。

キャプチャ画像

マクロの編集をクリックするとマクロ画面に戻り、記録された内容が表示されます。

キャプチャ画像

詳しくは検証してませんが、たとえば

マクロを記録したものの、無駄な手順まで記録されてしまった→該当する部分のチェックを外すことで実行手順から除外される。

設定値をもう少し違うモノにしたい→歯車アイコンをクリックすると設定ダイアログが出るので再設定。

いずれも「ライブラリに追加」をクリックすると新たにマクロ名入力のダイアログが出るので、そこでいわばマイナーチェンジ版のマクロが登録できます。

手順が多い時にはこの方法が有効なんでしょうが、手順が少ない時はイチから記録し直すという手もあります。

【Affinity Photo ver.1.9.2で検証済】

【Volar】サイトイメージ画像

スポンサーリンク

記事はお役にたてましたか?

記事に興味をもっていただけたらソーシャルボタンでの共有お願いします^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)