アイキャッチ画像
HOME > ウェブデザイン > Affinity Photo > 読み込んだ画像がボケるのは小数点が原因-Affinity Photo
記事公開日:2021.7.13
この記事は約2分で読めます。

読み込んだ画像がボケるのは小数点が原因-Affinity Photo

ここではAffinity Photoの数ある機能の中から主にブログサイトや商品・サービス紹介サイトでの利用を前提としたweb用画像の作成・加工についての使い方をご紹介します。

(記事中の画像もAffinity Photoで作成してます)

基本的な使い方はこの下にある「使い方記事一覧」をご覧ください。
それ以外の知ってればより効率アップのTips系記事はこちらにまとめてあります。

※Affinity Photo使い方記事一覧

ある日のこと、Affinity Photoで作業をしていたら、

ん?なんかボケてる?

最初のうちは気がつかなかったんですが、ふと気がついたら読み込んだ画像がちょっとボケてるんです。

でもボケずに普通に読み込める時もあるんです。

その原因は…”小数点”にありましたってなんのこっちゃ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

画像がボケる時とボケない時の差とは

ボケが生じる時のサンプル画像が用意できたのでご紹介します。

同じ2枚の画像ですが、左の方がわずかにボケてるのがわかるでしょうか。

(キャプチャ画像をJPEG出力してるので差がわかりにくいかも)

なんで同じ画像なのにボケる時とボケない時があるのか。

キャプチャ画像

それは変形スタジオを見ていたときのことでした。

(”スタジオ”って今でもピンときませんね)

コチラ↓がメニューの【表示】→【スタジオ】で「変形」を表示させたキャプチャ画像です。

ボケ画像側は小数点以下まで表示されてるのにクリア画像側は整数になってます。

違いはここぐらい。

(画像配置時の左上のx座標とy座標の数値)

キャプチャ画像

そこで試しにボケ画像側の数値を整数にしたみたところ、見事ボケが解消したんです。

これまで画像加工いろいろやってきましたが座標が小数点表示というのは初めての経験です。

(Fireworksは小数点以下の入力は不可でしたから)

なぜ小数点以下の細かい数値まで表示(計測)されるのかその辺の仕様はよくわかりません。

とにかく画像読み込み時の座標は整数にしておかないとクリアな画像で表示されないようです。

困るのはどういう時に小数点以下での配置になるのかがわからないってこと。

(たまたま整数表示ってこともありますから)

単に画像配置する時のマウスの離しどころってだけの問題なんでしょうかね。

管理人

特にテキストが含まれるような画像はボケが生じるとかなりきついです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

常に整数表示にする方法

さて原因と解決方法はわかりましたが、画像読み込みのたびに小数をいちいち整数に変更するのは効率悪しです。

そこで常に整数での読み込みにならないものか調べておりましたらありましたよ。

スナップ機能の中に。

「ピクセルへの整列を強制」を有効化

上記機能はツールバーのスナップ専用アイコンをクリックしてもいいし、メニューの【表示】→【スナップマネージャー】を開いて同名の項目にチェックを入れることでも有効化(ON)されます。

キャプチャ画像

有効化すると画像読み込みの時点で整数での座標にしてくれます。

また(小数表示になってる画像も含めて)画像移動時整数単位(1px)での移動にしてくれるので、こちらも画像がボケることはありません。

マウスではなく矢印キーでの移動だと小数は解消されません。

もっと詳しく!

スナップ設定は自分好みにカスタマイズ…詳細はコチラ

一応これで画像のボケは防ぐことはできます。

【Affinity Photo ver.1.9.2で検証済】

【Volar】サイトイメージ画像

スポンサーリンク

記事はお役にたてましたか?

記事に興味をもっていただけたらソーシャルボタンでの共有お願いします^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)