アイキャッチ画像
HOME > ウェブデザイン > Affinity Photo > 傾いた画像を水平にする簡単なやり方-Affinity Photo
記事公開日:2021.9.4
この記事は約2分で読めます。

傾いた画像を水平にする簡単なやり方-Affinity Photo

ここではAffinity Photoの数ある機能の中から主にブログサイトや商品・サービス紹介サイトでの利用を前提としたweb用画像の作成・加工についての使い方をご紹介します。

(記事中の画像もAffinity Photoで作成してます)

このページは知ってればより効率アップTips系記事になります。

Affinity Photoの基本的な使い方こちらにまとめてあります。

撮影した商品画像がよく見たらちょっと傾いてたってことはよくある話(?)

この傾いた画像を水平にするのに、モニター画面を見ながら回転ツールでちょこちょこやるのは時間の無駄というもの。

あるツールを使ってサクッと水平な画像に変えちゃいましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「切り抜きツール」で水平補正?

そのツールと言うのが「切り抜きツール」

キャプチャ画像

やり方をご紹介します。

サンプルとして商品画像の撮影ショットを用意してみました。

若干ですが、斜めってますでしょ。

キャプチャ画像

これを水平化するためにまずは「切り抜きツール」をクリックします。

するとよく見る格子状の線が現れます。

キャプチャ画像

続いてコンテキストバー(各ツール専用オプション設定)「傾き補正」をクリックします。

キャプチャ画像

すると先ほどの線が消えて下のようなアイコンに変わります。

(このアイコンのキャプチャがとんでもなく大変だった!)

キャプチャ画像

このアイコンが出てる状態で画像の中から水平の基準になりそうな箇所の端をクリックし、そのままもう一方の端までマウスをドラッグして指を離します。

キャプチャ画像

その結果、基準にしたラインが水平になるよう画像が傾いて補正されます。

キャプチャ画像

問題なければコンテキストバーの「適用」をクリックして補正を確定させます。

キャプチャ画像

あとは余計な空白が出ないようあらためてトリミング(切り抜きツール)をかければ完了です。

キャプチャ画像

体験談などを書くときは自分で撮影する機会が多いと思います。

そういうときはシビアに水平・垂直をとらなくても多少の誤差はこのやり方でごまかせ補正できます。

ただトリミングすると使える画像領域が若干狭くなるので、できるだけ水平・垂直を意識しながら撮影するのがもちろんGoodではあります。

【Affinity Photo ver.1.10.1で検証済】

【Volar】サイトイメージ画像

スポンサーリンク

記事はお役にたてましたか?

記事に興味をもっていただけたらソーシャルボタンでの共有お願いします^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)