loading
 読み込み中...
ウェブの触手-日々の生活に新たなスパイスを-

【iPhone】万が一のために”メディカルID”に緊急連絡先を登録しておこうか

投稿日:2018.3.21
アイキャッチ画像
この記事は約3分で読めます。

家族などの緊急連絡先を予めiPhoneに登録しておくことで、
ロックを解除することなくロック画面からも即座に発信することができます。

メディカルIDに登録

万が一、あなたがトラブルに巻き込まれてだれかに助けを求めたい時、
パスコードロックがかかってるロック画面からでも
110番や119番ならすぐに電話をかけることができます。

ロック画面のパスコード入力画面で
「緊急」をタップするだけです。

電話番号入力画面に切り替わったら電話をかけます。

キャプチャ画像

ただし「緊急」からかけられる番号は3つだけ。

110(警察)

119(救急)

118(海上保安庁)

家族や大事な人への電話番号を入力してもかけることはできません

じゃあ、あなたが一人きりの時や外出先で万が一倒れたとしたらどうしましょか?

iPhoneのロックを解除して、連絡先を開いて、家族の名前を探して、電話番号までスクロールして、電話をかけて…なんてやってる余裕はないはずです。

できればすぐにでも連絡したいところでしょう。

こんな時のためにiPhoneに妻・子供・友人・恋人といった”緊急連絡先”を予め登録しておくと、
先ほどの”緊急”画面から直接電話することができるようになります。

それには「ヘルスケア」アプリの中にある”メディカルID”という機能を利用します。

キャプチャ画像

万が一あなたの身になにか起きたとしても、メディカルIDに緊急連絡先を登録しておけば
ロック画面から3タップで電話をかけることができるようになります。

またメディカルIDには緊急連絡先以外にも、
血液型、現在治療中の病気服用中の薬、アレルギーなども登録しておけます。

そのためもしもあなたの意識がない状態で病院に運び込まれたとしても、
このメディカルIDを登録しておくことで、
ロックがかかっているiPhoneであってもiPhoneを開くことなく
あなたの今の健康状況を病院関係者が確認することができるというわけです。

そうなれば処置も速やかになって重大事に至らずに済むかもしれません。

またこの機能は、
トラブルに巻き込まれたあなたを第三者が助けようとしたとき、
あなたの家族の連絡先や健康状態を第三者が即座に確認できるというメリットもあります。

ただしこれらはすべて”あなた以外の第三者がこの機能を知ってる”という条件付きにはなります。

それでもメディカルIDに登録しておいた方が
自分の身が助かる確率は少しは高くなるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

登録方法

ヘルスケアアプリを開きます。

初めて起動するとこんな画面になるので”次へ”をタップします。

キャプチャ画像

必要事項を入力していきます。

(あとで編集可能です)

キャプチャ画像

”メディカルIDを作成”します。

キャプチャ画像

さらに詳細な編集画面になるので追加したい項目を入力していき、
入力を終えたら「次へ」をタップします。

(あとで再編集できます)

キャプチャ画像

確認画面が出るので”完了”をタップします。

キャプチャ画像

”はじめよう”をタップすると、
ヘルスケアアプリのトップ画面に変わります。

キャプチャ画像

登録事項の修正・追加・削除等は「メディカルID」をタップします。

キャプチャ画像

右上の”編集”をタップします。

キャプチャ画像

必要な項目の修正・追加・削除ができます。

編集が終わったら”完了”をタップします。

キャプチャ画像

メディアルIDの登録が完了した時点で緊急ボタンをタップすると、
新たに「メディカルID」というのが増えてるはずです。

キャプチャ画像

「メディカルID」をタップすると登録した項目が表示され、
電話番号をタップするだけで自動的に電話がかかるようになってます。

キャプチャ画像

以上です。

※当記事は掲載日(更新日)時点の情報につき、最新のものとは異なる場合があります。

【iPhone8&iOS11.2.6にて検証済み】

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら
下のソーシャルボタンで共有していただけると嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アイキャッチ画像

スポンサーリンク

 

コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

先頭へ