アイキャッチ画像
HOME > モバイル > iPhone > 【iPhone】”シェイクで取り消し”も場合によっては邪魔でしょうがない
公開日:2018.3.8
この記事は約2分で読めます。

【iPhone】”シェイクで取り消し”も場合によっては邪魔でしょうがない

この記事は最終更新日から1年以上経過しているため現状にそぐわない可能性もあります。

iPhoneってかゆいところに手が届く機能がホントに満載です。

iPhone本体をシャカシャカと振る(シェイクする)だけで直前に行っていた操作をキャンセルできる(シェイク取り消し)なんて、いったいだれが考え付いたんでしょう。

便利過ぎます。

でもちょっと多すぎやしません?

ちょっと動いただけですぐに「シェイク取り消し」が出ちゃうんですけど。

SIRIUSレビューイメージ画像

シェイク取り消しの無効化

たとえばGmailをチェックしてて、間違って削除しちゃったメールを受信トレイに戻そうとするとけっこうな手間がかかります。

それをシャカシャカとちょっとiPhoneを振るだけで即座に受信トレイに戻せるのはとても便利だったりします。

キャプチャ画像

でもね、取り消ししなくてもいい場面で、結構シェイク取り消しが出てくるんですよ。

そのたびにキャンセルをタップしなくちゃならないのは面倒っちゃ面倒なんです。

できればこの機能、オフにできないかと悩んでいたらちゃんとありましたよ。

これもまたかゆいところに手が届くiPhoneならではといったところでしょうか。

設定のやり方

”シェイク取り消し”をオフにするには【設定】→【一般】→【アクセシビリティ】とたどり、画面を下にスクロールすると表れる【シェイクで取り消し】をタップ。

そこでシェイクで取り消しをオフに変更するだけです。

キャプチャ画像

これでいくらiPhoneを動かそうが、勝手に取り消し表示が出ることはありませんぜ。

※当記事は記事投稿日(更新日)時点の情報につき、最新のものとは異なる場合があります。

【iPhone8&iOS11.2.6にて検証済み】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事はお役にたてましたか?

記事に興味をもっていただけたらソーシャルボタンでの共有お願いします^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)