HOME > Wordpress > 【WordPress】SEOプラグインHeadSpace2は多機能すぎだわん
公開日:2011.5.29
この記事は約2分で読めます。

【Wordpress】SEOプラグインHeadSpace2は多機能すぎだわん

この記事は最終更新日から8年以上経過しているため現状にそぐわない可能性もあります。

ワードプレス定番のSEOプラグインと言えばAll in One SEO Packが有名ですが、当ブログでは(本日の時点では) HeadSpace2を使っています。

その搭載機能はあまりに多すぎて全部はとても使いこなせません。

ここではHeadSpace2設定画面の「ページモジュール」のみについてちょっとご紹介していきますよ。

SIRIUSレビューイメージ画像

設定

「停止中」という部分から使いたい機能を「基本」や「上級」にドラッグドロップすることで、それらの機能が投稿画面に反映されるようになります。

必要であればそれぞれ記入していきます。

headspace2設定画面

私が一番欲しかった機能は、上級に移動した「JavaScript」と「スタイルシート」

投稿画面で「上級」をクリックすると現れる部分に、その記事のみに読み込ませたいスクリプトやスタイルシートをパスで指定するとその記事のみ有効になるという機能です。

以前はその機能を「Custom CSS and JavaScript」というプラグインで補っていました。

でもSEOプラグインでそれが代用できるなら1つにしてしまえということで、先のプラグインを外してHeadSpace2をインストールしたのでした。

ただし「Custom CSS and JavaScript」では直接CSSを書くことができたんですが、HeadSpace2はフィルの読み込みのみの対応のようなので、場合によってはその都度外部CSS化する必要があります。

当ブログでもたまに使っている”画像を拡大させる”効果のある「Highslide.JS」というスクリプトなんかも、HeasdSpace2の上級欄にその都度当該ファイルへのパスを書いて当該ページのみに読み込ませてます。

パスは長いですがいつも同じコードなので、コピーペーストですぐに完了します。

区切り画像

話は前後しますが、各機能の詳細設定は右端の鉛筆(?)アイコンをクリックすると設定画面が開くので、必要ならばそこで設定をすませます。

たとえば下図のKeywordsならUse tagsにチェックを入れればタグが自動的にキーワードとしてHTML内に埋め込まれるます。

そのためタグさえ書いておけば通常は自動でmetaが加筆されるという具合です。

headspace2設定画面

他の機能も試してみたいんですが、いくつかはすでにfunction.phpに見よう見まねで書き記したものもあって、どっちをどう優先させるかの判断がまだつかず、暫くはこのままでしょうか。

以上です。

参考サイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事はお役にたてましたか?

記事に興味をもっていただけたらソーシャルボタンでの共有お願いします^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)