アイキャッチ画像
HOME > モバイル > iPhone > 【iPhone】Safariの「最近閉じたタブ」を簡単に開き直す方法
公開日:2017.3.24
この記事は約1分で読めます。

【iPhone】Safariの「最近閉じたタブ」を簡単に開き直す方法

この記事は最終更新日から2年以上経過しているため現状にそぐわない可能性もあります。

iPhoneのSafariでウェブサイトを見ているとき、間違ってタブを閉じてしまった経験はよくあることと思います。

そのタブをもう一度開きたいと思った時、あなたはどうしてます?

私は…再度検索して開くという面倒な手順を踏んでましたぁ。

SIRIUSレビューイメージ画像

履歴からだと手間がかかりすぎ

再び検索して開くなんていうのはアナログすぎてお話にもなりませんやね。

慣れた方なら履歴を開いてそこから目的のページを開くんでしょう。

キャプチャ画像

でもいちいちブックマークアイコンをタップして、履歴画面を出して、それから目的のページを探す…これはこれで手間がかかってけっこうメンドクサイでしょ。

閉じたタブを2手で開く

そこで閉じてしまったタブを簡単に再現する方法がこちら↓。

Safariの画面右下にあるアイコン(なんて言うんだろう)をタップします。

すると開いているウェブページ(タブ)が重なって表示されます。

キャプチャ画像

そこで真ん中の「+」ボタンを長押しします。

すると「最近閉じたタブ」のリストが表示されます。

キャプチャ画像

あとは目的のページをタップすれば、閉じてしまったウェブページを即座に開く直すことができます。

これなら手間がかからずとっても早い。

そもそも履歴を残さないプライベートモードでは使えません

ただしマルチタスク画面からSafariを終了してしまうと「最近閉じたタブ」の履歴がクリアされちゃいますのでご注意を。

キャプチャ画像

※当記事は記事投稿日(更新日)時点の情報につき、最新のものとは異なる場合があります。

【iPhone8&iOS11.3にて検証済み】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事はお役にたてましたか?

記事に興味をもっていただけたらソーシャルボタンでの共有お願いします^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)