【Photoshop】フィルター(グラフィックペン)をかけたら画像が真っ白けの謎

Total 837 views
この記事の所要時間は約 2分です。

Photoshop CS4で、とある画像にフィルタの「グラフィックペン」をかけたところ
真っ白になってしまい何も見えなくなってしまったんです。

パラメータをいじっても変化なし、やっぱり真っ白のまま。
なぜ?どうして?

スポンサーリンク


 

イメージ画像

「コピー」や「ちりめんじわ」にしても全く同じで真っ白。
でも他のフィルタは問題なくかかるんです。

「スケッチ」の一部のフィルタだけが真っ白になって何も見えないのです。

今までこんな症状はなかったので
もしかしたらファイルが壊れたのではないかとも最初は思っいました。

でも会社に置いてある PCの Photoshopで試しても症状は変わらないんですね。
ということはファイルではなく使っている画像そのものか、画像モードか、あるいは何らかの設定ミスだろういうところまでは辿り着いたんですがそこからがお手上げ状態。

いつもの Google先生に訊いても似たような症状でのトラブル事例は皆無。

さあ~困ったぞ。

区切り画像

そこで Photoshopでイチから簡単な塗り絵を作り
それにフィルタをかけてみました。

すると今度は問題なく適用されます。

ムムッ?

前置きが長くなってしまいましたが結論としては
「描画色と背景色が共に”白”」になっていたことが原因でした。

これを初期状態の”白黒”に戻してグラフィックペンをかけたところ
見慣れた効果が戻ってきましたよ。

PSのパネル図

 

たったこれだけのことなんですが、
解決に至るまでまる 1日もかかってしまいました。

あまりに単純すぎて考えもしなかった解決法。
これってもしかして常識?

スポンサーリンク

ブログランキングに参加してます。よろしければポチッとな。

お気軽にフォロー↓してください。

ブログ更新情報はこちらからどうぞ。

follow us in feedly

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)