うちの子供が絶賛していた給食の『ちゃーほーさい』ってどんな料理だぁ?

Total 1,901 views
この記事の所要時間は約 3分です。

突然ですが「ちゃーほーさい」って聞いたことあります?

小5の娘が「おいしいよ!」と絶賛している給食の一品なんですが
53年生きてて初めて聞いた料理名です。

ひょっとして常識なんでしょうか。
だとしたら今日の記事はとてつもなく恥ずかしいことになりそうです。(^^;

スポンサーリンク


 

イメージ画像

  

ちゃーほーさい?ちゃあほうさい?チャーホウサイ?

それは子供と晩御飯のメニューを考えていたときのことです。

「今夜、何にしようかなぁ」
「そうめん!」
「またかよ、いっつもそうめんって芸がないなぁ」
「だったら聞かなきゃいいじゃん。そう言うのわかってんでしょ」
(ムムム…………)
「じゃあ、『チャーホーサイ』はどう?」
「はぁん?ちゃあほーさい?なんだそれ」
「給食に出てきたよ。とってもおいしかった」
「だからどんな料理」
「んーーーーー、なんか炒めたもの」
「何を?」
「多分、野菜と肉」
「じゃぁ、いつも作ってるような野菜炒めか?」
「んーーーーー、ちょっと違うような」
「どんな字を書く?」
「ひらがな」
「ひらがなって、逃げたな!」
「ホントだよ、給食通信にひらがなで書いてあるもん」
「うそつけ!」

というわけであらためて給食通信を見たら、ありましたよ。
「ちゃーほーさい」が。

確かにひらがなです。

キャプチャ画像

 

それならばと材料を見てみました。ところが、

キャプチャ画像

 

うーん、これだけじゃあちょっとわかりにくいですねぇ。

そこで「ちゃーほーさい」でネットで検索。
でもまともにヒットしたのはわずか 2件!

まさか幻の料理?だったりして。

そのわずか 2件のブログを覗いてみると幸いにも料理画像が載っていましたよ。

画像をそのままここに載せるわけにもいかないので
知らない人は開いてみてください。

炒合菜(チャーホーサイ)
チャーホーサイ

しかしながら写真を見ても
これだといった料理の形態がいまいちよくわからないんですよねぇ。

なんとなくイメージできるのは
「肉野菜炒めのちょっと豪華版」といった感じでしょうか。
でもきんとした材料や味付けまでは推測しかねます。

と、、、、1件のブログを見ていたら、
なんと漢字で料理名が書いてありましたよ!

炒合菜!!

すぐに「炒合菜」で検索です。
そして出てきた答えを読み回し、そこから導き出された答えは?!

肉と野菜の五目炒め

………………って
ほぼこれまで考えていたのと同じじゃねぇ?

実はもっと斬新な料理を期待していたんですが、
なんのことはない、やっぱり『肉野菜炒め』のことでした。

よくよく調べたら
「中国語で野菜炒めのことを『炒合菜』と書き『チャオホーツァイ』と読みます」
とのこと。

スミマセンです。
かなり期待しながらここまで読まれた方もいらっしゃるでしょうに。

平たく言えば
『いろんな野菜が入ったとろみのない八宝菜みたいな豪華(肉)野菜炒め』というオチでした。

「ツァイ」の読み方が難しいので「チャーホーサイ」になったんでしょうね、きっと。

区切り画像

「なあなあ、ちゃーほーさいって、春雨とかタケノコとかいろんな野菜がいっぱい入った野菜炒めの豪華版みたいなやつじゃなかった?」
「そうそう、そんな感じ。肉も少し入ってるよ」
「え、だってオマエ、野菜嫌いだったろう?てことは、、、野菜が食えるようになったか?」
「ううん、給食で出るちゃーほーさいはおいしいから食べられるの!でも家だとなんか違うんだよね」
「なんだ、それ。単純に家の食事がマズイってことじゃねぇか」
(ニコニコ顔)

チャンチャン。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加してます。よろしければポチッとな。

お気軽にフォロー↓してください。

ブログ更新情報はこちらからどうぞ。

follow us in feedly

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)