【WordPress】サイトカスタマイズの更新が即座に反映されなくなった原因は「CloudFlare」にあった

Total 235 views
この記事の所要時間は約 4分です。

サイトを作ったあとでどうしても気になってしまうのがサイトの表示スピード

最近ではサイトの表示スピードも Google の重要視項目に入っているようで、
ワードプレスならキャッシュ系プラグインが大賑わいのこの頃のようです。

スポンサーリンク


 

そんな中、プラグインではないですが
またしても"キャッシュ"でやられました。

 

キャッシュ系プラグインで"当たり"にまだ出会ってません

当サイトはワードプレスで作られてますが、
大御所系キャッシュ系プラグインは実はほとんど入れてません。

というのもキャッシュ系プラグインを入れると
必ずといっていいほど何らかのトラブルに巻き込まれるからです。

特に定番と言われる「WP Super Cache」はどうも当サイトとは相性が悪いようで、
アンインストールさえ一筋縄ではいかないものでした。

キャッシュというのは一度アクセスしたサイトのデータを一時的に保管しておくことで、次からはサーバーにデータを取りにいかず保管しておいたデータを表示させてページの表示速度を速くする仕組みのことです。

そんな中 2ヶ月ほど前に知ったのが、
表題にもある「CloudFlare」というキャッシュサービスです。

 

イメージ画像

 

「CloudFlare」というサーバーにキャッシュすることで
自分のサイトへの負荷を下げてくれるサービスということなんですが。。。

 

「CloudFlare」を説明しているサイトはこぞって

「早くなった!」
「爆速イェーイ!」

なんて書いていましたから私もそれに乗っかる形で登録した記憶があります。

最初の設定がちょっと面倒くさかったですねぇ。

区切り画像

設定を済ませてから 2週間ぐらい経った頃でしょうか。

あらためて意識してサイトをチェックしてみたんですが、
残念ながら体感的にはそれほど早くなったような感じには思えません。

とはいうものの、アンインストールするほどのものでもまだないかと思って
そのままにしておいたんです。

そのうち「CloudFlare」の存在自体を忘れるようになってしまいます。

区切り画像

1週間前のことです。

久しぶりにサイトのカスタマイズをする機会があったのですが、
いつもならすぐに修正結果が反映されるハズなのに
phpファイルや cssファイルを更新しても
なぜかすぐには反映されない事態が続くことにやっと気が付きました。

画像を変更しても前の画像のまま。

んん?

 

最初に疑ったのがキャッシュ系プラグインでした。

といってもあまり悪影響を与えないだろうと思えるプラグインしか入れてませんので
望み薄と思いつつもキャッシュをクリアし、
念のためにプラグイン機能も OFFにします。

しかし全く変化なし。

そのうち、さくらインターネット(当サイトのサーバー)
何らかの問題があるんじゃないかと疑いを持つも、
ググってもそんな事象は一切ありません。

そんなこんなで 2日間ほどいろいろやってみたんですが、
一向に症状が改善しません。

ついにはワードプレスの再インストールに近いことまでやっちゃいました。

ホントめんどくさぁ~。

それでも症状に変わりなし。
むしろ修正の手間が増えただけでした。

いやいや、これはまずいだろう?

 

こうなると完全にワードプレスを新規インストールするしかないのですが、
新規インストールはデータベースの移動やら各種設定の再現に途方もない時間がかかるので
さすがに二の足を踏んでたんですよねぇ。

それに実のところ、4時間程度経てば変更は反映されるので
全くダメだったわけでもなかったんです。

でもその場で変更が反映されないのはやっぱり使いづらいですわ。
いちいち 4時間も待ってられませんから。

 

文句は出るもののこれといった解決策も見つからないのでしばらくは
「しょうがないか、そのうち原因がわかるだろう」
ぐらいの気持ちでやってはいたんです。

区切り画像

そして 2日前。

たまたま RSS で読んでいたブログ記事に出てきた
「CloudFlare」という文字を見て思い出しましたよ!

そうだ CloudFlare を入れていたんだ!

でもキャッシュのクリア項目がどこにあるのかがさっぱりわからんのです。
そこで一時的にサービスを OFF にしてみました。

結果は、、、予想通りでした。
見事に更新が即座に反映されるようになったのです。

 

あらためて「CloudFlare」で検索を続けていったら、
ビンゴな記事を見つけましたよ。

参考サイト

記事から引用させていただくと、

通常、CloudFlareの初期設定では 4時間キャッシュが生きているので、Web制作時に変更を加えたものは 4時間経たないと反映されない。

ひゃ~、まさにどんぴしゃ。
やっぱり「CloudFlare」が原因だったんです。

しかもキャッシュのクリア方法まで書いてあります。

と、ここで参考記事の日付を見たら 2011年の10月…………
結構前からあったサービスだったんだぁ。

知らなかったぁ。

 

無事解決したところで、、、
CloudFlare はやっぱり使わないことにしました。

またなんかあった時にその存在を思い出せる自信がないからです。

そういうわけで当サイトでは
CloudFlare のインストール方法などを載せる予定は今のところありません。

実際に表示スピードが早くなったとも思えず、キャッシュクリアの件もあり
個人的にはおススメできないものと判断したからです。

どうしても使ってみたいという方は「CloudFlare」で検索してみてください。

親切なサイトがいっぱい出てきますので。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加してます。よろしければポチッとな。

お気軽にフォロー↓してください。

ブログ更新情報はこちらからどうぞ。

follow us in feedly

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)