HOME > モバイル > iPad > iOS 5.1アップデートでもやっぱりiTunesの歌詞表示機能が直っていない
公開日:2012.3.19
この記事は約3分で読めます。

iOS 5.1アップデートでもやっぱりiTunesの歌詞表示機能が直っていない

この記事は最終更新日から7年以上経過しているため現状にそぐわない可能性もあります。

普段はポッドキャストの語学番組をiPod touchに入れて通勤中に聞き流しているんですが、iOS4.3までは反映されていた歌詞(英文&和訳)の左寄せとフォントサイズ変更が、iOS5にしてからは全く反映されなくなって困っている件のその後です。

SIRIUSレビューイメージ画像

Appleってヤツはよう、我が道を行きすぎだぁ

それまではiTunes上で曲のプロパティを開くと出てくる「歌詞」タブの先頭にHTML構文を書くことで、歌詞(英文や和訳)を左寄せにしたりフォントのサイズを変えたりといったカスタマイズがひと通りできてたんです。

ところが iOS5にアップデートしたが最後、それまで書いていたHTML構文が全く画面に反映されなくなってしまったんです。

しかも改行も無視されるため、書き込んである和訳等はすべて連なって表記される始末ときたもんだ。

 

iOS5の”バグ”なのか”仕様が変更された”のかは知りませんが、何も確認せずに家のiPod touchとiPadを共に即アップデートしてしまったため、もはや後の祭りです。

 

これまで保存してあるポッドキャストでダウンロードしたMP3ファイルは、歌詞の先頭にすべて「左寄せ・フォントサイズ変更」の呪文を書きこんであります。

そのためiOS5が入ったデバイスでみると文字が小さく中央寄せ、さらには連続一文での表記になってしまいます。

見づらいことこの上なし

iPadに至っては歌詞の表示すらできなくなってしまいましたよ。

iOS5.0.1のアップデートで多少は変わるかと僅かな望みをいだいたのものの、バージョンアップしても状況は全く変わらず。

それどころか歌詞に変更を加えてもその変更がiPod側に反映されないバグまで発生していたようです。

これには皆さん苦しんでいるようですねぇ。

 

で、今はどうしているかというと、32GBと容量は少ないんですが、我が家には実はもう1台のiPod touchがあるんです。

そちらは運よく(?)iOS4.3のままだったのでそれをメインに今は使っております。

区切り画像

本題ですが、先日 iOS5.1アップデートが出ました。

ここで少しは変わるかと思ったらやっぱり何も変わらず

Appleって昔からこういう対応なんですよね。

何事もなかったかのように古いのをバッサリと捨てて(?)いく。

もう慣れてるとはいえ、歯がゆいです。

じゃあ全くダメかと言えば、そうでもないんです。

歌詞を変更しても反映されないというバグは5.1アップデートで直ったみたい。

直ってないよ~という人は、歌詞の中を全選択して「カット」してその状態で一度保存→iPodに同期。

再度歌詞タブを開き「ペースト」して保存→iPodと再度同期。

これで反映される場合もあります。

(カットした内容をくれぐれも消さないように!)

それ以外は変わらずですが、一応「右寄せ・フォントサイズの変更」はどうにかできるようになったようです。

以下がその書き方になります。

HTMLなんて知らないよぅという方のために簡単に説明しますと、「left」左寄せ「5がやや大きめの文字サイズ「blue」は青文字のフォント(※標準の白のままでよければここは無視)<br>「ここで改行しますよ」という意味です。

いつの時代の書き方?ってくらい古い書き方なんじゃないかと思っちゃいますね。

しかも改行タグを入れないと改行されなくなっっちゃったし、おしりに終了タグ(</で始まるタグ)を必ず入れないとダメみたいだし。

なんかバラバラです。

行間についてはどうやってもダメでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事はお役にたてましたか?

記事に興味をもっていただけたらソーシャルボタンでの共有お願いします^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)