アイキャッチ画像
HOME > ウェブデザイン > 画像加工するならやっぱりタブレット(ワコム)が便利
公開日:2013.1.3
この記事は約2分で読めます。

画像加工するならやっぱりタブレット(ワコム)が便利

この記事は最終更新日から6年以上経過しているため現状にそぐわない可能性もあります。

年賀状の裏面のデザインを奥さんにお願いされて、久しぶりにタブレットを出して使ってみましたよ。

Photoshop+タブレットを使っての画像加工は久しぶりです。

やっぱりタブレットを使うと作業が早い。

SIRIUSレビューイメージ画像

タブレットといってもあのタブレットぢゃぁないけどね

私が愛用しているタブレットはWACOMintuos(PTZ-431W)というA4サイズのものです。

本当はもう1ランク上のB4サイズのものがほしかったんですが、当時はそれを買うだけの金がなかったんですよ。

今はもう慣れちゃったんで小さいままでずっと我慢してます。

キャプチャ画像

最近は画像加工にあまり時間をかけられないので久しく使ってませんでしたが、先日久しぶりに取り出して使ってみたところ、やっぱり使い勝手は最高ですね。

特に画像の切り抜き作業は、マウスを使う時よりも半分以下の時間で済みます。

細かい作業はタブレットの独壇場です。

マウスでは困難なボケ足を表現したいときにも威力を発揮してくれます。

 

Photoshopを使うのも久しぶりです。

普段はFireworksばかりを使ってるので、感を取り戻すまで10分ぐらいかかってしまいましたが、画像の加工に限ってはやっぱりPhotoshopの使い勝手が上ですね。

私が使っているのはCS4とだいぶ前のモノなので手間は若干かかります。

本当はCS6がほしいところですがなんせアップデート代が高いので。

 

アフィリエイトやドロップシッピング等のネットビジネスに従事してからは時間のかかる画像加工はできるだけ遠ざけてきました。

その代わりにフリーの素材などを利用するようにしています。

しかしここぞという商品紹介の時には、やはり専用の画像加工ソフトで見て「欲しくなる」ような画像を作るに限ります。

もちろんタブレットを使って。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事はお役にたてましたか?

記事に興味をもっていただけたらソーシャルボタンでの共有お願いします^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)