イメージ画像
HOME > Windows・PC > アプリの表示ズレはWindows8のディスプレイ(コントロールパネル)の『既定』が原因だったというお話
公開日:2013.7.25
この記事は約3分で読めます。

アプリの表示ズレはWindows8のディスプレイ(コントロールパネル)の『既定』が原因だったというお話

この記事は最終更新日から6年以上経過しているため現状にそぐわない可能性もあります。

メインPCをWindows8搭載機に買い換えてはや半年が経ちました。

それまで使っていたアプリをWindows8に再インストールした時のことです。

やはりというか、OSが変わったことによる弊害・不具合はいくつかあったんですね。

それでもそれらのほとんどはPCを使い込んでいくうちに順次解消できていったのですが、一つだけどうしても解消できないものがあったんです。

その原因が今日、判明しました。

ホント偶然の産物ってヤツですよ。

SIRIUSレビューイメージ画像

トラブルの原因はパソコンを使いこなしているという自信過剰にあった

アフィリエイトサイトを作成する時、普段WordPressで構築することが多いです。

テストサイトやお試しサイト、短期集中型サイトを作るときは「SIRIUS」というツールも併用します。

 

そのSIRIUSですが、私のPCで立ち上げると下のような感じで立ち上がります。

よく見ると、ところどころがおかしな表示になっているのがわかるでしょうか。

キャプチャ画像

これらはあくまで表示上の問題であって、(クリックしにくかったりはするんですが)大勢に影響はないということで今日までそのままにしておいたものです。

ところが昨日、とあるアプリをインストールしようとしたら、SIRIUSどころの騒ぎではないレイアウト崩れが起きちゃいました。

こちら↓がそのキャプチャ画像。

本来あるべきはずの「スタートボタン」がない!んです。

それ以外にもどう見てもおかしなレイアウトで表示されているところがいくつか。

キャプチャ画像

これはまずいですよ。

「スタートボタン」がなければアプリが起動できないんですから。

 

アプリ自体はWindows8にも対応しているとのことなので問い合わせの前に念のため「よくある質問」を読んでみると…まさにどんぴしゃのQ&Aがあったではないですか。

解決”策”

それによると「コントロールパネルのディスプレイでの設定が100%以外になってませんか?」というもの。

 

ふむふむ。早速調べてみましたよ。

すると私のは案の定 125%(既定)にチェックが入ってましたね。

キャプチャ画像

これを100% にチェックを入れて PC を再起動したところ…

完璧!

マニュアルと同じように表示され、無事スタートボタンが表示されたんです!

ということはもしかしてもしかして?

 

SIRIUSを起動してみます。

………

……………

…………………

おお~!

レイアウト崩れなしできちんと表示されてるではないですか!

いやぁ、なんか気が抜けちゃいました。

なぜ 100%が『既定』じゃないのか

解決したのはいいんですが、問題はなぜ私の PC の「ディスプレイ」が125%で『既定』になっていたかということです。

うちの奥さんが使っているWindows7機を調べたら100%が『既定』になっています。

ネットでWindows8関連の記事を検索して文面を読んでみるも、大方が 100%が『既定』のようです。

なぜに私のPCだけ125%に『既定』の文字が入っていたのか、そこが謎です。

区切り画像

「ディスプレイ」の項目自体はPC購入時当初に目は通していたんです。

ただ『既定』の部分にチェックが入っていたのでそれ以上は何の疑問もわかず、それ以来すっかり忘れ去っていた項目だったんです。

だからこれまで気付かなかったんですね。

 

もしもWindow8でアプリの表示ズレが起きている人がいたら、コントロールパネルの「ディスプレイ」をチェックしてみてください。

もしかしたらあなたのPCも125%にチェックが入っているかもしれませんよぉ。

(世にも奇妙な物語風なエンディングになってしまった)

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事はお役にたてましたか?

記事に興味をもっていただけたらソーシャルボタンでの共有お願いします^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)