ネットビジネスではシリウスとワードプレスのどっちを使うべきか

Total 1,063 views
この記事の所要時間は約 3分です。

アフィリエイターならお馴染みのサイト作成システム「シリウス」。
そして全世界で使われているブログ構築システムの「Wordpress」。

さてあなたはどちらがネットビジネス(アフィリエイト)に向いてると思われます?


 

それぞれの違い

私なりの解釈ですが、その違い使いどころを以下に記していきますね。

イメージ画像

 

シリウスのメリット

とにかくすぐにサイトが作れる、これに尽きます。

トレンドアフィリエイトサイトなど
スピード勝負のサイト作成には特に大きな力を発しますね。

サイトデザインもそれなりの見栄えのものを取り揃えています。

HTMLや CSSを知らなくても
そこそこのサイトが簡単にあっという間にできてしまいます。

ローカル(自分の PC)にサイトデータをすべて保存しておけるので
万が一サーバーのサイトデータが消失しても安心です。

サポート体制がしっかりしてます。(ユーザーズフォーラム等)

PC用のサイトを作るだけで
自動で iPhone などのスマホ用サイトを作ってくれます。
(上位版限定)

シリウスのデメリット

サイトデザインの着せ替えが何十種類もあるとうたっていますが
基本的にはカラーの違いだけで、
レイアウトが極端に変わるというものではありません。
もっとも元々のデザイン自体がプロ並みなのでそれほどのデメリット感はありません。

ドロップシッピング等の物販サイトを作ることもできますが
レイアウトデザインの柔軟さが低いため
他サイトとの差別化がちょっと難しいかもしれませんね。

商品の見せ方を工夫したりするには、
ある程度の HTMLや CSSの知識が必用になります。

システム購入代がかかります。(上位版:約 25,000円)
1台のパソコンでしか作業ができません。(追加ライセンス契約あり)

ワードプレスのメリット

無料です。
これが一番大きいでしょう。

テーマと呼ばれる基本レイアウトが豊富にあるので(有料・無料)
デザインが同じになることがほとんどありません。

テーマの変更も 1クリックで OK。
瞬時に全く別のレイアウトに変わります。

プラグインを入れることで様々な仕掛けや動きを簡単に加えることができます。

ブログシステムですがドロップシッピング等の物販サイトにも強いシステムです。
レイアウトも自由自在です。

web API を使った半自動収益アフィリエイトサイトなども作れます。

トラブルが起きてもネット上にいくらでも解決策が落ちてるので
サポートに困ることはありません。

WordPressのデメリット

テンプレートにすべて任せっきりであればとても簡単なシステムですが
ちょっとでもカスタマイズしようと思ったら
HTMLと CSSの知識が不可欠となります。

テーマ自体をカスタマイズするには PHP という言語の知識が必要です。
(基本的な部分ならある程度はネットで調べられます)

サーバーにデータベースという形式でデータが保存されており
データベースが壊れるとそれまでのデータはすべて一瞬でなくなります
そのため定期的なバックアップが必要です。

1つのサイトを作るまで多少時間がかかります。
(ワードプレスのインストールやプラグインのインストール、テーマの最低限の構築など)

原則としてシリウス・ワードプレス共にレンタルサーバーとの契約が必要です。

 

結論

ざっくりとした結論としては
ブログ感覚ですぐにサイトを作り量産したいのであればシリウスを。

じっくり長期型のサイトを構築したいのならワードプレスで、
といったところでしょうか。

もちろんこれに限りませんので、
メリットとデメリットをよく調べた上で使い分けてみてください。

ちなみに私は HTMLも CSSもそこそこ知っているので
7:3ぐらいの割合でワードプレスサイトの方が多いでしょうか。

ワードプレスって、ハまると楽しいんですよねぇ。

このブログも開設当初から一人でコツコツと組み上げたワードプレスサイトなので
とても愛着があります。。。

以上です。

ウォーターサーバー

ブログランキングに参加してます。よろしければポチッとな。

お気軽にフォロー↓してください。

ブログ更新情報はこちらからどうぞ。

follow us in feedly

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)