アイキャッチ画像
HOME > ウェブデザイン > 【厳選8種】私がウェブサイト制作時に愛用している日本語フォント
公開日:2013.1.20
この記事は約2分で読めます。

【厳選8種】私がウェブサイト制作時に愛用している日本語フォント

この記事は最終更新日から6年以上経過しているため現状にそぐわない可能性もあります。

今日は私が普段使っている日本語フォントで使用頻度ひんどの高いモノだけをご紹介しちゃおうかなと。

SIRIUSレビューイメージ画像

フォントの使い過ぎには注意

ウェブサイトを作る際、テキストだけだとインパクトに欠けるので画像を利用する方が多いと思います。

その際、画像で使用するフォントによってはサイトの印象がだいぶ異なってもきます。

私の場合、英字を使うのはサイトロゴ程度なのでそれほど特殊なフォントはインストールしてません。

しかしながら日本語に関しては、やはりある程度のフォントがないと見栄えが変わり映えしませんね。

 

ただフォントを何種類も使えばいいってもんではありません。

一つのページの中で何種類ものフォントが使われていると、とても見にくく、ごちゃごちゃした印象を与えてしまいます。

サイトを作る側としてはフォントをいっぱい使った方が見栄えがいいと勘違いしそうですが、読む側の心理としてはウザいの一言で片づけられてしまいます。

なのでここはぐっとこらえてフォントは厳選して使いましょう。

以下にご紹介するフォントは原則無料で商用利用も可ですが著作権や商用利用については必ず各サイトでご確認ください。

商用利用にあたってはメールや事前の許諾が必要なものもあります。

結構、有名どころばかりなので知ってる方も多いかもしれませんね。

しねきゃぷしょん

映画の字幕風フォントです。

ちょっとしたアクセントに使えます。

キャプチャ画像

【こども丸ゴシック細め】

かわいい系文字です。

キャプチャ画像

【はんなり明朝】

上記のフォントと同サイトにある落ち着いた雰囲気のあるフォントです。

キャプチャ画像

【あんず文字】

こちらもかわいい系文字です。

キャプチャ画像

【たぬき油性マジック】

文字通り油性マジックで書いたようなフォントです。

キャプチャ画像

【出島フォント】

明朝系ならヒラギノ、小塚明朝、ダイナフォント、そして出島明朝。

キャプチャ画像

【白舟書体】

正統派系日本語フォント。

キャプチャ画像

【衡山毛筆フォント行書】

毛筆書体ならこちらもおすすめです。

キャプチャ画像

おまけ

こんなフォントもあります。

 

【英語専用発音記号フォント】

英語関連のアフィリエイトサイトを営んでいる方は使えるかもしれません。

キャプチャ画像

以上です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事はお役にたてましたか?

記事に興味をもっていただけたらソーシャルボタンでの共有お願いします^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)