「正社員」ってどれだけエライもんなのか

Total 82 views
この記事の所要時間は約 3分です。

本日の朝日新聞 1面に載ってた「マクド難民」。

例年、年末年始は必ずといっていいほど
「○○難民」や「リストラ」の記事で新聞の 1面を飾りますね。

今年はいったい何人いや何百人の人が職を、家を、失うのでしょう。

スポンサーリンク


 

私もかつてこだわった「正社員」という肩書

『正社員』がもてはやされたのは一昔、二昔前まで。
今や正社員でさえ明日の安心は保証されてません。

一流企業と呼ばれた会社に入りさえすれば将来は保証されたような二昔前は
それはそれは周囲からうらやましがられたものです。
(私のことじゃないですよ)

究極の選択・公務員が名だたる一流企業か。

しかし親御さんも安心しきっていた”安定”の時代はとっくに過ぎ去りました。

 

夜をさまよう「マクド難民」という見出しの本日付け朝日新聞。

キャプチャ画像

 

大手メーカーの工場で請負の仕事をしていた 30代の男性が
深夜営業の店を渡り歩いてはや 1年になるという内容です。

ネットカフェに泊まる金すらなくテーブルにうつぶせになってかろうじて体を休ませ
昼はパチンコ店のソファで仮眠をとり、
かろうじてありつけた土木作業の仕事で食いつないでいるという日々。

他にも派遣社員として働いていた 40代の男性が
仕事を切られ明日をも見えない不安な中でのカフェでの束の間の休憩……。

体を横にできない、足を伸ばせない辛さって、想像しただけでキツイもんがあります。
正月明けからあまり見たくない記事ですが、、、、現実です。

数から言ったら決して多くはないのかもしれませんが
仕事がない、家がないという現実がそこにはあります。

 

 

私がかつてサラリーマンだったころ
倉庫の仕分け作業でバイトさんと一緒に労働作業をしたことが何回かありました。

彼らは昼休みになると
食事もそこそこに携帯片手にスケジュール帳とにらめっこです。

「明日の仕事、まだ決まってないんだよね」
「翌日の仕事があるかどうかの毎日のチェックで携帯代がハンパなくて」
「体こわしていつの間にかクビ。それからは何やってもねえ」
「定職につければ一番だけど、全然無理っす。雇ってくれませんか(笑)」

彼らと話すとこんな話ばかり。

私もすでに何回かの転職後だったので「大変だなぁ」ぐらいの気持ちではなく
「ホントにどうなるんだろう、この先彼らは」と心底心配したもんです。
といってもそのころは何もできませんでしたが。

今なら、ネットビジネスの可能性を勧めているでしょうか。

でもネットビジネスも片手間でできるほど簡単ではないですから
安易に勧めることはできませんね。

区切り画像

30代での再就職も難しいのに、40代、50代での再就職はとても厳しいです。
よほどの人脈と運があってやっと次の仕事にありつけます。

だから『自分だけは安心』なんて保証はもうどこにもないと思って
これからのことを考えておくべきだと思うのです。

人生を楽しまずに生きろというわけではなく、
安心という座布団の上にあぐらをかきっぱなしの生活は考えた方がいいということなんですけど。

ホントに明日はどうなるかわかりませんよ。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加してます。よろしければポチッとな。

お気軽にフォロー↓してください。

ブログ更新情報はこちらからどうぞ。

follow us in feedly

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)