アイキャッチ画像
HOME > 思うところ > 本気で東京脱出を考えてみる
公開日:2013.1.15
この記事は約3分で読めます。

本気で東京脱出を考えてみる

この記事は最終更新日から6年以上経過しているため現状にそぐわない可能性もあります。

現在、私は東京に住んでいます。

どこに行くにも便利で必要なものはすぐに揃う大都会・東京です。

でも本当は東京が好きぢゃぁないんですね。

このごみごみとした街が嫌いなんですよ。

その東京から脱出できそうな可能性が少しだけ出てきました。

SIRIUSレビューイメージ画像

便利ではあるけれど…

私の住まいは山手線の目黒駅から歩いて帰れる範囲内にあります。

こう書くと「めっちゃ便利なところに住んでるやないけぇ」と言われそうですが…まあ確かに便利なことは便利です。

 

東京が好きでなくなったのはもう15年以上ぐらい前からでしょうか。

大した目的もなくなんとなく東京の大学に行きたいという安易な理由から35年前に東京での暮らしがスタートしました。

長男なので本来は(福島の)田舎に帰るべきなんです。

でもマスコミ人になりたいという私のわがままから、卒業後も田舎に帰ることなく東京暮らしを続け、TVマンをやっていた時代に今のマンションを購入しました。

当時、TVマンの仕事時間がとても不規則だったためできるだけ家にスムーズに帰れるようにと、さらには当時通わせていた子供の保育園を変えるのが嫌だったということもあって、環境よりも利便性を優先させて今の場所に決定したんです。

思い起こせば家を買うまで1年近くも近所をうろうろ探しまわってましたね。

区切り画像

今の場所は交通の便は最高です。

どこに行くにも大した時間はかからないし、目の前にはレンタカーもありますし。

バス停だって歩いて1分。

スーパーも本屋もイタ飯屋も歩きの圏内。

 

しかし、生活環境としては最悪です。

一歩家の外に出ると排ガスの臭いがまず鼻を付きます。

エレベーターの中で挨拶を返してくれる人は半分ぐらい。

人の出入り(引っ越し)が激しく、古くからの顔見知りはもう数人しかいません。

常に車(の危険性)を気にして歩かなければなりません。

子供用の遊び場が近くにありません。

歩くスピードがみんな早いです。

人が多すぎます。(笑)

ビルが乱立して日陰が多すぎます。

山側でも海側でも贅沢ぜいたくは言いません

仕事さえあれば東京を離れたいと何度思ったことか。

いえ、仕事はきっとあったでしょう、東京以外でも。

ただ東京を離れて万が一失敗した時のことを考えると…結局その度胸がなかったというのが本音です。

 

何の因果か、現在はサラリーマン生活を離れてアフィリエイトやドロップシッピング等のネットビジネスに携わっています。

仕事としては決してラクではありませんよ。

でもいやいやながらの仕事ではなく、割と楽しい時間が過ごせてます。

そしてこの仕事に就くようになってからというもの、東京脱出の夢の実現性が少しだけ見えてきました。

 

ネットビジネスは仕事の場所を選びません。

厳密にいえば多少は関係してくるかもしれませんが、パソコンとネット環境があればなんとかなるんです。

まだ左うちわの安泰した生活ができるほどの収入にまでは至ってませんが、その可能性が見えてきただけでもちょっとうれしいです。

月収(純利)100万が見えてきたら、本格的に考えてみようかな。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事はお役にたてましたか?

記事に興味をもっていただけたらソーシャルボタンでの共有お願いします^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)