アイキャッチ画像
HOME > ネットビジネス > 失業したとき不安にならなかったのかとたまに聞かれます
公開日:2012.12.17
この記事は約3分で読めます。

失業したとき不安にならなかったのかとたまに聞かれます

この記事は最終更新日から6年以上経過しているため現状にそぐわない可能性もあります。

前職は外資系の会社だったんですが(といってもホントに小さな弱小企業でした)、本国の意向で日本のスタッフが大幅に減らされることになり、私のような年代者たちからリストラされました。

50代での失業です。(あ、だいぶ前の話ですよ)

そのとき不安はなかったんですか?と聞かれることがたまにあります。

今思い起こしてみると……

SIRIUSレビューイメージ画像

不安よりも期待感の方が高かった

その日、急に「明日から会社に来なくていいよ」と言われたのなら不安も大変なものだったでしょう。

でも私の場合、数年前から会社が危ないことに気づいていたので、それとなく心の準備はできていたんです。

同じく辞めさせられる社員たちも実際は「やっとか」という感じだったので、そういう意味での精神的なダメージは少なかったように思います。

ただ全員再就職に関しては頭を悩ませていたみたいです。

最年長でなんのコネもなかった私なんて、再就職の途はほぼ閉ざされていたのも同然なんで、必然的にネットビジネスでの起業を考えてました。

それが私にできる唯一の道だったからです。

 

不安は…もちろんありましたよ。

でもそれ以上に、好きな分野で仕事ができるという”期待感”の方が大きかったです。

それに人間関係で悩むことがなくなったのはとても素適なことでした。

外で働く奥さんには申し訳ないけど、一人で伸び伸びと毎日パソコンに触っていられましたから。

 

ただ実際にアフィリエイトを中心としたネットビジネスを始めてみたら、やっぱり一筋縄ではいきませんでしたね。

不安はなかったけど、お金もなかった。

そんな私を支え続けてくれた奥さんには今でもアタマが上がりません。

区切り画像

私は(どちらかというと)頭がカタイい方なので、柔軟なモノの考え方が苦手です。

アフィリエイトを始めようとしてもすぐには実践はできなかったんです。

勉強して外枠が固まってから、形がある程度できてから始めようというのが当時の考え方でした。

でもそんな悠長ゆうちょうなことを考えてるようじゃアフィリエイトを含めたネットビジネスでは成功しません。

とにかく手を動かす、足を動かすことです。

 

ここまで来るのに結構寄り道したと思いますよ。

人づきあいも下手だったのでセミナーへ参加しても仲間を作ることもなく、もんもんと独りでくすぶっていたのもよくなかったです。

もっと仲間を作るべきでした。

もうちょっと気楽に考えていたなら、もっと早くに…。

まぁこの辺は性格も関わってくるのでなんとも言えないでしょうけどね。

諦めない心

サラリーマンをやめた当時の不安はさほどなかったんですが、やめて3ヶ月ぐらいしてから猛烈な不安に襲われるようになりましたね。

このまま続けていっていいものだろうか?

おそらくこれで悩んでいる人は多いんじゃないでしょうか。

 

今、その不安はだいぶ減りました。

もしも私が失業・リストラ組あるいは予備軍の方々に今だから言えることと言えば、ネットビジネスで食おうと思ったら相当の覚悟が必要だということです。

不安でも途中であきらめない心、これの維持がとても大変なんです。

反対にそれが継続できればそれなりの結果は返ってきます。

ということで、第2、第3の人生を歩まざるを得ないなら早めの準備と不安を払いのけられるだけの強靭きょうじんな心構えを是非とも持ち続けてください。

これはあくまで私と同世代の人たちへの応援”歌”です。

決して不安をあおっているわけではありません。

記事はお役にたてましたか?

記事に興味をもっていただけたらソーシャルボタンでの共有お願いします^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)