アイキャッチ画像
HOME > Windows・PC > PC作業時にデュアルディスプレイの高さが異なることでの肩こり・眼精疲労を100円ショップ品で解消する
公開日:2013.5.13
この記事は約4分で読めます。

PC作業時にデュアルディスプレイの高さが異なることでの肩こり・眼精疲労を100円ショップ品で解消する

この記事は最終更新日から6年以上経過しているため現状にそぐわない可能性もあります。

私のパソコン環境は10年ぐらい前からずっとデュアルディスプレイです。

マルチモニターとも言いますね。

要するにパソコン1台につき2台(複数)のディスプレイ(モニター)を接続するというものです。

使い始めたらやめられません。あまりに使いやすくて。

ところが便利なはずのデュアルディスプレイなのに、17.3インチノートPCと24インチフルHDモニターの組み合わせにしてからというもの、なんとなくですが使いにくいなぁと感じ始めていたんです。

その原因がやっと判明しました。

SIRIUSレビューイメージ画像

デュアルディスプレイは作業がはかどります

最近、女性名での知らない方からのFacebook友達申請が急に増えてうんざりしている管理人です。

新手の勧誘でしょうから無視してるんですが、あれはいったいなんなのでしょうね。

 

さて、ネットビジネスをやる上でパソコン環境回りはとても重要です。

少しでも快適に効率よく作業ができる環境を作り上げることが仕事の一部みたいなものですから。

特に私はパソコンに触っている時間がかなり長い方なので、作業環境が快適になるのならいくらでもそこに努力は惜しみません。

デュアルディスプレイもその一環です。

 

デュアルディスプレイに慣れるとシングルディスプレイにはもう戻れません。

それほど便利快適なんです。

それぞれの画面は独立していてマウスの行き来もできるので、単純にPC画面が横に倍になる感じですね。

(欲を言えばトリプルにしたいんですけど…)

区切り画像

これまでの私のメインマシンはデスクトップ機でした。

PC本体は床に置きつつ、狭い机ながらもなんとかディスプレイ(モニター)を2台並べることができていたんです。

しかも数年前までは2台のディスプレイ(モニター)とも19インチ同士。

何の問題もなく快適に使っていたものです。

 

そして3年ぐらい前からは片方の1台だけをより画面の広い24インチフルHDに変えたんです。

それでも大したトラブルもなく、昨年の12月まではスムーズに作業ができていたんです。

 

そして昨年末、デスクトップ機を17.3インチのノートPCに替えたことからちょっとした違和感が生じるようになってきましてね。

簡単に言ってしまうと頭痛や肩こりや目の疲れの頻度が高くなってきたのです。

目線の高さがキモ

これが昨日までの位置関係です。

当然こんな感じに置きますでしょ。

キャプチャ画像

で、これの何が問題だったかというと、それはNHKの「おはようにっぽん」で『パソコン作業時の姿勢』というコーナーをたまたま見ることがあってその中で言われていたことなんですが、まさに『モニターと目線の高さは同じでないと疲れる』というものでした。

 

実は私の目線の高さは右側の24インチモニターに合わせているため、(いやたまたまその高さに合っていたというだけのことですが)どうしても高さの低いノートPC画面を見続けているとアタマが重くなってしまうのです。

ディスプレイ(モニター)画面の高さが左右異なるので、どうしても赤矢印線のような斜め移動の目の動きになってしまうんですね。

これが結構しんどいんです。

(画面サイズの違いはそれほど苦ではありません)

真横の目線の動きはさほどでもないんですが、斜めの動きって意外に疲れるんですよ。

それも長時間の作業ともなればなおさらです。

 

問題点はもう一つ。

デスクトップ機の頃は気が付かなかかったんですが、ノートPCの場合、当然のことながらキーボードは固定です。

つまり右画面での作業時は体は左のノートPCのキーボードに向けて、首だけ右のモニターに向けての作業になります。

これが長時間続くと結構な疲労がたまるんです。

区切り画像
中の人

目線の高さが同じ位置なら疲れも軽減する、かぁ。

考えましたよぉ。

どうしたら同じ高さにできるかってね。

しかもその状態でも簡単にノートPCをちょこちょこ動かせられないとノートPCを購入した意味が失われちゃいますからね。

 

それは気晴らしにふらふらと近所の商店街を巡っていたときのことでした。

今回の件を解消できそうなものがあったんです。

それがこちら↓。

キャプチャ画像

ノートPCの下に置いてあるのは100円ショップで購入したブロックタイプの発砲スチロール(210円)です。

ちょうどいい高さと広さだったのでホントに衝動買いでした。

発砲スチロールの下には滑りをよくするために新聞紙を敷いてあるので(※さしあたっての仕様です)、ノートPCの角度を変えたりするのも簡単です。

これで目線の高さがようやく同じになりましたよ。

目線の動きも真横です。

 

ほどなくワイヤレスのキーボードも購入しました。

たまたまですがノートPCのキーボード配列と酷似していたので違和感もゼロ。

これを2つのモニターの真ん中に置くことでどちらの画面でも快適に文字入力ができます。

もしもどちらかの画面をメインにして長時間の作業に入るようであれば、キーボードをささっといずれかの方に動かすだけでよし!

 

我ながら納得の環境に仕上がりましたよ。

これでもっともっと時間を有効に使えそうです。

以前にも言いましたが、デスク幅に余裕のある方はデュアル、トリプルディスプレイをやってみてはいかがでしょう。

作業効率がはかどること間違いなしです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事はお役にたてましたか?

記事に興味をもっていただけたらソーシャルボタンでの共有お願いします^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
* が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)